2017年09月21日

予備試験二次(論文式)に合格するために

二次試験は一科目50点、10科目合計で500点満点です。
合格最低点は年にもよりけりですが、概ね250点前後(半分)にボーダーが来ると考えて良いです。
(採点基準自体が受験生の相対的な出来不出来を勘案されているので、センター試験とは違って厳密に点数計算するのは難しいです。)


では各科目でどの程度の出来の論文を書ければ250点に届くのかという問題があります。

手がかりは二つあり、
「試験委員からの採点基準・講評」と「科目別順位ランク」を手がかりに考えることになります。

採点基準については下記のように述べられています。

(2) 各答案の採点は,次の方針により行う。

ア 優秀と認められる答案については,その内容に応じ,下表の優秀欄の範囲。
(上位5%を目安に50点から38点の範囲)

イ 良好な水準に達していると認められる答案については,その内容に応じ,下表の良
好欄の範囲。
(上位5%〜30%の範囲を目安に37点から29点の範囲)

ウ 良好とまでは認められないものの,一応の水準に達していると認められる答案につ
いては,その内容に応じ,下表の一応の水準欄の範囲。
(上位30%〜70%の範囲を目安に28点から21点の範囲)

エ 上記以外の答案については,その内容に応じ,下表の不良欄の範囲。
ただし,特に不良であると認められる答案については,下表の不良欄[ ]の点数以下。
(下位30%については20点以下、特に不良である場合3点以下。)


ここで、優秀、良好、一応の水準、不良という区分が出てきました。

詳しくは別途述べますが、
全科目が「一応の水準」となれば、概ね半分の得点になりますので、合否ボーダーラインに達するということになります。
(捨て科目をしない前提)

よって、予備試験に合格する条件としては、
全科目の論文で一応の水準(上位約30%〜70%)に入る
≒全科目で上位50%に入れば合格
ということが分かりました。

posted by ロボたいしょう at 19:23 | Comment(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

司法試験(予備試験)に合格するとは

私の当面の目標は、司法試験(の予備試験)に合格することです。
予備試験に合格することで法科大学院卒同等の資格を得て、司法試験本試験を受けることが出来ます。
司法試験本試験自体は、予備試験と同じ程度の難しさとなっており、ロースクール経由の受験生に比べて予備試験経由の受験生の合格率が際立って高いのが特徴です。

つまり、予備試験合格≒司法試験本試験合格となります。

予備試験についてですが、
一次試験(短答 マーク式)
二次試験(論文式)
三次試験(口頭式)
の三次まであります。
一次試験のマーク式(足切り)は通過率20%、
二次試験の論文式はそこからさらに20%、
口頭式は90%以上のほぼ全員通過しますので、
全体としては受験生約10000人に対して合格者400人程度、
合格率は4%の試験となっています。

司法試験と同じく、最大の難関は論文式の二次試験です。

(なる早で)司法試験に合格したい、という当初の目標を具体的に言い換えると、
「(今から勉強を初めて)2018年司法試験予備試験の論文式(二次試験)で、合格最低点以上の点数を取るぞ!」
という目標になります。

posted by ロボたいしょう at 08:09 | Comment(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

司法試験予備試験の特徴

まず司法試験の予備試験(法科大学院卒同等の資格を得る試験)に合格したいところですが、
予備試験合格者の司法試験本番の合格率が、法科大学院卒よりも大幅に高いことからも、
予備試験は司法試験と同じくらいの難易度の試験だ、ということが分かります。

予備試験とは言うものの、要求レベルは司法試験並みということで、司法試験に受かるくらいの気持ちでチャレンジする必要があります。


さらに、予備試験も司法試験も、
税理士やアクチュアリー、中小企業診断士とは異なり、「科目ごとに合格する」という制度がありません。
科目合格する試験であれば、毎年一つずつ揃えて・・・というコツコツ戦略も有り得るわけですが、全体で一発合否になる司法試験(大学受験もそうです)では、
「全科目、一定程度の知識を揃えた状態になってはじめて合格する」
という特徴があります。
裏を返せば、揃えてしまえば1発で片付きます。私のように明らかに出遅れている受験生にとっては一発逆転の可能性が高いことを意味します。


posted by ロボたいしょう at 08:08 | Comment(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

21世紀に残る日本企業

勝手に。

本命
ソフトバンク
長期の世界観を持ってる会社

対抗
ソニー
本質はテックを使ったエンタメ企業と考えれば、
VRなどのテック型エンタメのプラットフォーム提供会社に転換出来る可能性がある

posted by ロボたいしょう at 08:14 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

司法試験を受けます

唐突ですが、2017年9月6日より、司法試験を受けようと思い勉強を始めました。
当然、私は法科大学院を出ていませんので、まずは2018年春夏にある予備試験の合格を目指します。

別に今の仕事が嫌だから、とか、弁護士やその他法曹の仕事をしたいということではなく、
司法試験に合格すれば自分が出来ることや人生の幅、可能性が大きく広がるかなと思い、受験を決めました。

自分の知的能力やテスト勉強スキルの一応の集大成にもなると思っているので、なるべく1回で合格したいと思います。
子供がいて自由な時間がなかなか取れない中ではありますが、そこは気合いと効率で頑張りたいと思います。
posted by ロボたいしょう at 19:12 | Comment(0) | 自分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする