2015年10月21日

ブレードランナー見ました

アンドロイドは電気羊の夢を見るか、読む代わりに見ました。

ニンジャスレイヤーっぽい雑多な街と、
「二つで十分ですよ」ということがよく分かった。
この街の描写(近未来とアジアっぽいスラム)はのちのちにいろいろオマージュされてるんやな(FF7とか)って、はっきりわかりました。

ストーリーはひたすら陰鬱。
レプリカント(アンドロイド)殺すべし!イヤーッ!みたいな感じと思っていたわけではないのだが、とかく主人公が弱い。

時代を考えれば映像は凄いが(2001年宇宙の旅もそう)、終始雨の印象が強く、やるせないストーリーである。

爽快感のなさと後味の悪さゆえに、コアなファンに愛されて、名作になったのかなあとおもいました。
posted by ロボたいしょう at 07:38 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

1984年と2048年

今更ではありますが、1984年、全部読みました。

ジョージ・オーウェル 1984年
http://blog.livedoor.jp/blackcode/archives/1700656.html

ジョージ・オーウェル 動物農場
http://blog.livedoor.jp/blackcode/archives/1518842.html

近未来(これが書かれたのは1949年なので)の独裁者と監視社会を描いた作品。

身近な例では、マトリックスやシュタインズ・ゲートと言った作品にも繋がっている、
近未来の退廃的な世界観を持つ作品のルーツと言えるのではないでしょうか。

皮肉と残虐な尋問シーンは飛び抜けたものがあり、世界観も妙なリアリティがあります。読んで損はしません。
posted by ロボたいしょう at 07:30 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

ゴルフ、連戦を終えて

120台で停滞しているゴルファーです。。。

10月連戦を終えて.png


125で喜んでいたのが、128でがっかりするくらいには上達しました。
アプローチの練習ばっかりしていてショットが悪くなってきたので、
もっと7Iの飛距離を伸ばすような練習をしたいと思います。

posted by ロボたいしょう at 19:37 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

山崎元コラム ファンドマネージャーになるには


私がエコノミストの中で一番尊敬している(そして個人の資産運用に最も有益な示唆を与えてくれる)山崎元 氏のコラムのなかから、
ファンドマネージャーになるためにはどういう方法があるか、ファンドマネージャーとはどういう職業か、についてかかれた面白い記事を紹介。
社会問題などにもキレ良く論じているが、転職回数の多さもすごいと思う。
離婚も、転職も、回数が多くなってくるとだんだんその人自身の実力の高さが示されてくるような気がする。

第119回 アクティブ・ファンドへの個人的な思い
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20100205.html

第203回 ファンドマネジャーになりたい人のための就職ガイド
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20130823.html

ファンドマネージャーの仕事は人気があるとした上で、
アセマネ会社、もしくは穴場の信託銀行に入り、なるべく早くに証券アナリストを取るのが一番近道のようだ。
保険会社は確率的にあまりオススメできないとある。

第125回 投資の定番テキストを紹介します
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20100507.html

上記の本に加えて、ケインズの
雇用・利子および貨幣の一般理論
を勧めていた。

posted by ロボたいしょう at 22:29 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする