2016年06月03日

あなたが投資や資産運用をする必要はない

これだけは言わせて欲しい。
あなたが投資や資産運用をする必要はない。
低い金利で銀行に預けていることで、あなたが(儲けそこなって)損をすることはない。
全ての資産価格には神の見えざる手が働いている、もしくは金にがめつい投資家たちが価格を決めているので、
あなたが投資をしないことで(儲けそこねて)損をするような資産は、ない。



俺は証券アナリストを持っているので、普通の人よりは資産運用について話す権利があると思う。
やはり個人が投資をする必要はないと言いたい。
俺は投資が好きだし、むしろ投機が大好きだ。昔はFXで一瞬で100万円損したり(ブログのどっかにあります)したけど、やっぱり株も相場も大好きだ。


でもね、やっぱり株や相場は、短期的には投機(ギャンブル)だし、
長期的に見ても(長期的にはみんな死ぬけど)、リスクがあってそれに応じた期待収益があるだけに過ぎない。
生きてる間に本当にそれが報われるかはわからない。
将来のリターンはどこまで行っても確率分布でしかない。

投資は、不確定な将来に対する賭けだ。
必ず得するようなケースは(一般人には)ない!
投資に儲かる保証はない!


ではなぜ俺は投資(長期投資)をするのか、
それは
自分に確率の女神がほほえむ(期待値通りに上手く儲けられる)
という信心と、
リスクをテイクする能力(つまり損をしても良い元手)
があるからだ。

損をしても良い元手がないなら、投資はするべきではないし、
期待値通りに儲けられるという、信心がないのなら投資はするべきでない。

別の記事で書かせて貰いますが、現金は現金というだけで大変な価値があるので、投資をしないとお金が遊んで損をするということは決してありえない。
リスクに応じたリターンになるよう、神の見えざる手が働くのだから。


だから、個人が無理に投資や資産運用をする必要はない。
リスクを取れて、かつ確率の神を信じる(極一部の奇特な)人だけが、投資をしよう。
posted by ロボたいしょう at 20:13 | Comment(2) | スマートライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする