2016年06月16日

あなたが信用取引で買う株のリターンは悪いという論文


面白い論文を見つけたので紹介

http://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/fr_list6/fr114.htm
「ボラティリティ・アノマリー」の行動経済学的探求
 

「リスクが高い証券に投資した場合の期待リターンは,リスクが低い証券に投資した場合のそれに比べて高い」との伝統的ファイナンス理論の「常識」に反し,
現実の株式市場では,事前に測定された個別証券のベータ値とその後に実現されるリターンとの間,そして事前に測定された個別証券の銘柄固有ボラティリティとその後に実現されるリターンとの間に,それぞれ負の相関が観察される。
我々は日本の株式市場における投資家行動の実証研究により,「ベータ・アノマリー」の背景に「ベンチマーク運用」を行う機関投資家による「高ベータ銘柄」への選好があること,そして「銘柄固有ボラティリティ・アノマリー」の背景に
「ギャンブル選好」とでも呼ぶべき「ごく少ない確率で発生する多額の利益に対するリスク愛好的な傾向」を示す個人投資家−中でも信用取引を行う個人投資家−による「歪度の高い銘柄」への選好があることを示す

うっ、胸が痛い、、、
posted by ロボたいしょう at 07:34 | Comment(0) | スマートライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする