2016年07月25日

出来高の少ないETFを買うべきでない3つの理由


昔は投資信託よりETFの方がマーケットでタイミングを見て買えるし良いよね〜とか思っていたのですが、
出来高の少ないETF(つまり日本上場のほぼすべてのETF)は全く買うべきではないと思うようになりました。

理由
1.ETFは投資信託よりも信託報酬が安く購入手数料もかからないように見えるが、市場での売買コストがとても高く付く

ETFは株の詰め合わせなので、ETFを構成する株の時価から、そのETFの理論的な時価(NAV)を知ることが可能です。
十分に市場取引されているETFであれば、理論的時価から大きく乖離して売買されることは無い(誰かが裁定取引をしてくれる)のですが、
出来高が十分でないETFでは、理論時価(NAV)から乖離しても、今日買いたい人が誰も居なければそのままの値段で放置されてしまいます。

NAVからの乖離が大きくなるということは、買い手と売り手がそれぞれ提示する値段の差も大きくなるということです。
理論時価が1000円としても、売り手は、「誰かが焦って買ってくれればもっと高値でも買ってくれるかもしれないから、とりあえず1005円で売値を付けよう」と考えるようになります。
買い手の方も、「誰か急いで売りたい人が995円で投げ売りしてくれるかもしれないから、995円で買いを出してみよう」
となり、この例では、今売買しようと思えば結局1000円の理論時価に対して0.5%のコストが掛かってしまいます。
これは多くのノーロード投信の年間の信託報酬より高くなってしまいます。

もちろん、自分も1004円や996円で待ってみることも可能ですが、いつ売買が成立するか(もしくは相場が動いて成立しなくなるか)はわからなくなってしまいます。
さらに言えば、自分が売りたい時はだいたい他人も売りたい時だし、自分が買いたい時はだいたい他人も買いたい時であるということを考えると、この作戦はあまりうまく機能しなさそうです。
つまり、出来高の少ないETFの売買は足元を見られるということです。


2.売買に手間がかかり、いつ売買が終わるかもわからない
買いたい人と売りたい人が両方存在しなければETFの取引は出来ませんので、
今日いくら買いたい・売りたいと思っても、それが叶わないことが頻繁に生じます。
自分はETFを1000株持っていて、それを売りたいとします。急いで全部売りたいと思っても、買い手が1000株分居なければ売れませんし、1で話したように売買コストが高くついてしまいます。(足元を見られます)
なので、うまくETFを売りたい時には、
・何株くらいであれば市場を崩さずに売買できるか
・国内上場株式でなければ、今の理論時価(NAV)がいくらが適切か考える
・執行を成行で出すか(成行で出しても大丈夫か)、指値で出すならいくらで出すか
など、いちいち、いろいろなことを考え、発注を出さなくてはいけません。
また、このように市場で無理をしない売買をしようとすれば、いつになれば望む株数を売買し終えるかもわかりませんし、
売買に時間がかかれば相場が変わってしまうリスクもあります。
一番の問題は、こうした発注を社会人であれば平日の朝9時〜昼3時にやらなくてはいけないということです。つまり、流動性のないETFを売買するのは大変です。


3.投資信託であればそのような問題はない
投資信託であれば、買いたい・売りたい時にはフェアに計算されたその日の基準価格で購入・解約が可能です(=売買コストがかからない)
売れてない投資信託であっても解約を断られるということはありませんし、いちいちこちらでいくらが適正価格かを考える必要もありません。誰か代わりに買ってくれる人がいる必要もありません。(=売買が楽)
つまり、わざわざ出来高の少ないETFを買って苦しむよりも、投資信託を買う方が楽だし足元も見られないので良いということてす。

ETFと違って投資信託は販売会社が制限されるため、欲しい投資信託が買える会社で口座を持たなくてはいけません。
そこが難点になります。

posted by ロボたいしょう at 22:33 | Comment(3) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする