2016年08月23日

人間に自由と道徳はあるか

人間の自由とは、社会がそういう風に決めた、決め事(フィクション)にすぎない。

1
今の自分は、過去の自分と過去の環境から絶えず作られている。自分の感情や、行為の反省、理性も全て突き詰めればDNAと幼少期の環境に行き着く。つまり現在の自己は、本当の意味では自由ではない。

2
ある人間の行為は、DNAと幼少期の環境が生み出したものであり、行為は所与の条件が与えた必然的な結果にすぎない。

3
よってある人間の行為によって、その人間が自由にその行為を行った(自分で選んだ)と考えその人間が道徳的であるとか非道徳的であると論じることには意味がない

4
一方で、ある人間の行為が社会ルール上反する行為(犯罪)であることは依然として残る。
再犯の可能性が高い犯罪者は、社会から隔離し、犯罪行為を再び起こさないような人格(行動パターン)に治療・矯正してやる必要が社会にはある。

5
犯罪を犯すと捕まるのは、仕返しや罰を与えるためではなく、犯罪行動パターンを持つ人間を治療・隔離するためである。
(そうでなければならない)



電車で騒ぐ子供を注意する時には

1
社会の様々なルール(電車の中ではお互いにさわがない)を守った人だけが、社会の中で大人(責任を負う主体)として扱われる。

2
社会のルールを守れないということは大人として扱われない(電車でさわぐ)ということであり、
責任を取れる主体とはみなされないということである。
そのような主体は社会の中では自由のない(責任を取れない)半人前扱いしかされない。

3
つまり、電車の中で騒ぐのは子供だけだから、自由を認められる大人になるために静かにしなさい

一言でいうと
社会のルールを守らないと誰も遊んでくれなくなるよということ。


posted by ロボたいしょう at 23:25 | Comment(0) | スマートライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

打順再考

好打者の打順は手前に寄せろ
http://sitake.seesaa.net/s/article/413275164.html
の再考

2番打者には強打者を… よく聞く説の根拠とは?
http://full-count.jp/2015/08/07/post15318/
を読んで考え直しました。

2番>3番
打者を守れとのこと。
3番打者は2アウトで回ってくる可能性が高いため、3番打者最強はあまり意味がない。

2番打者については、そもそもバント専を2番打者にするべきではない。
バントの善し悪しを別としても1番打者の出塁率は4割程度なわけで、そうでない6割で打力の劣る2番打者を使うべきではない。

そしてゲーム全体で打者の総数を増やすことが大切なので、出塁率を高い選手ほど前に寄せる。
ということで日ハムの打線はこんな感じ?


大谷
西川
レアード
田中
中田
谷口
大野(市川)
中島
こんなもん。

現実的には
大谷
西川

中田
レアード
田中賢
谷口
大野
中島
こんな感じ?

1番大谷or2番大谷ってのはその良さがわかりやすい。
併殺が少ないし、みんな大谷の打席を一つでも多く見たがっている。
みんなが見たがる打者を手前に持ってこようということだ。

2番中島、2番杉谷は絶対やめて欲しい、
陽でも田中賢介でも、誰でも居るのにって思う。

posted by ロボたいしょう at 07:56 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

空前絶後の二刀流、大谷翔平は投打に専念すべきか?

結論:専念するべきではない

大谷の成績を分析すると、打者専念と投手専念でどっちもWAR5.0くらいの計算。

現在の打撃成績はBABIPで相当上乗せされているので、平均並みのBABIPとしたときにはOPS1.000弱の指名打者といったところ。
一方投げては、防御率2点近傍の13勝7敗180投球回エース。

要するに大変甲乙つけ難い成績ということだ。(どちらかに専念する前提で今の打撃成績なら、打者専念して外野を守るようにした方がちょっとだけ良いかもしれない)

しかし驚くべきことに二刀流で3日打者週1ローテすることでWAR7.5となり、筒香・柳田を超える貢献度になる。

今年の投打の成績ではどちらに専念すると良いとは言えない。どちらもチームの優勝に直結するくらいの超一流選手だからだ。大谷打者専念論も出てるけど、やはり先発層の薄さを考えると早期の投手復帰(と裏ローテでは打者出場)が求められるように思う。

しかしここから全打席1番打者起用すれば、角中次第だけど首位打者(規定未到達の規定適用で)の可能性もあるんだよなあ。
2ケタ勝利、首位打者、30本塁打、を両立させる可能性があるのが恐ろしい。


なお、過去の記事
大谷翔平 二刀流の現状と理想形は?
http://sitake.seesaa.net/s/article/404962775.html
では、二刀流の完成形を、

27先発 200回 防御率2.50 15勝7敗 200奪三振 
106試合 446打席(規定到達) .320 25本塁打 70打点 OPS.970
WAR8.5(投+6.0、打+3.9、守-1.4) 沢村賞 首位打者

と書いていたが、もはやこの完成形が(これを上回る形で)現実のものとなりつつある。

posted by ロボたいしょう at 22:21 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする