2016年09月29日

俺は投資が下手(2)

日ハム優勝しました。
現地で見ましたが一生忘れないと思います。
詳しくは後述ですが、本当におめでとう!


さて、私は投資が下手です。
だいたい200万円くらいの総投資元本から、この3年で50万円は損をしました。
(正確に言えば何も考えずに先進国株インデックスを買っていればプラス10万のはずでしたが、
いろいろ手を加えてマイナス40万円になり、運用者の技量としてマイナス50万円くらいになったという意味です)

特別に損の理由を紹介します。


1.短期的なトレードが全く裏目(-18万円)
前回の記事の1番(イベント前後に飛びつく)と3番(逆張りファンドで昇竜拳喰らう)
の内容に相当します。
短期的に株価や為替の強い弱いを判断することは全く無意味で、むしろ逆効果でした。


2.マーケットタイミングを計って長期投資の資金を出し入れした(-24万円)
前回の記事の4番に相当します。
長期の投資についてですが、黙って最初からずっと突っ込んでいたのに対して、金を入れたり引っ込めたりしたことで-24万円パフォーマンスが劣後しました。
良かれと思ってやったことでしたが、結果的にはアベノミクス相場の上げを取れず、アベノミクス(日経平均2万円、ドル円120円)から今に至るまでの下げ相場でやられるような感じになっています。
長期的にも、今の相場が高いか安いかを判断することは全く無意味でした。


3.資産の選択(-9万円)
日本株か、外国株か、新興国株か、という資産選択でも大きく負けてしまいました。
日本株が弱い時期に日本株を持ち、外国株が弱い時期に外国株を持つ
というように完全に裏目でした。
日本株の代わりにREITを持ったり、外国株の代わりにハイイールド債を持ったりしたことは、あまりパフォーマンスには関係ありませんでした。


前回の記事で述べたレバレッジファンドの長期保有は3万円程度のマイナス効果でした。


結論
今の株価水準は安いとか高いとかの判断は逆効果
短期的な株価の上昇下落も逆効果
資産配分は年レベルで下がった資産を持つのが良いが、現実には上がった資産を選んでしまいがち。


posted by ロボたいしょう at 19:44 | Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

絶対勝つぞファイターズ!

今日西武ドームのチケット買いました、勝利投手大谷胴上げの瞬間を見届けます。
posted by ロボたいしょう at 07:42 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

僕は投資が下手

僕は投資が下手

どれくらい下手かと言うと、ベンチマーク対比でマイナス50万円になるくらい下手。
僕が何も手を触れなければ(ベンチマークは)プラス30万円くらいになっていたけど、
アベノミクス効果を突き抜けてマイナスにしてしまうくらい下手。

相場が下手なことは罪です。

ベンチマークの計測方法については別途述べます。


悪かった投資判断を振り返ります。
1.イベント前後に飛びつく(選挙、雇用統計、政策決定会合、etc)
最近であればBrexitもそうですが、イベント前後に飛びついて、ポジティブイベント側に賭けるのはとにかくパフォーマンスを悪化させた要因になりました。
この手の賭けは雰囲気でベットするだけならただのギャンブルでしかなく、慎むべきだと感じます。
イベント前後ではむやみに賭けるのではなく、ベンチマークなりのポジション(量、銘柄ともに)を持つべきです。


2.レバレッジファンドを長い時間ロングする
日本株に強いビューがあり、2013年ごろにレバレッジファンドを持ちましたが、日経平均が横ばいであったためパフォーマンスがとても悪かったです。
レバレッジファンドは長い時間ロングするとだんだんやられていきますから相場が横ばい圏のときには持つべきではないですし、
上昇トレンドが続く局面ではレバのないファンドでもベンチマークなりの収益は取れているはずです。


3.暴落時の損失カバーのためにショートファンドを買う
2016年初の暴落時にインバース(逆張り)2倍のようなショートファンドを購入したのもパフォーマンスをなお悪化させました。
案の定、ショートファンドを取った瞬間が底で投げた瞬間までリバーサルしました。

ある程度(▲20%程度)暴落した時に、それ以上下がることを恐れてショートファンドを買うのはもともとポジションの取りすぎです。
価格が下がった時にはポジションを積み増すのが正しく、やられてきたからショートファンドでポジションを両建てにするのはナンセンスです。


このように私の場合はレバレッジETF(ロングもショートも)がパフォーマンスを大きく悪化させました。

さらに言うと、

4.短期間での割安感と、長期トレンドでの安値圏は全く違う
という点も痛感しました。
例えば、BREXITのような大きなショックがあり、実際に前後1週間では最も安いタイミングで銘柄を購入出来たとします。
しかし、その銘柄をその後数年のスパンで見た時に下落トレンドに入っていたとしたら、その割安感はまやかし(高値掴み)でしかないわけです。

実際に割安に銘柄を購入できればパフォーマンスは改善するはずですが、
割安感だけでベンチマークから大きく離れてポジションを増やせば高値掴みの報いを後で受けることになります。


結論から言えば、ベンチマークから大きく離れること自体がリスクであり、
ベンチマーク自体を適切にコントロールする(銘柄、量共に)ことが重要ということです。

短期的なギャンブルベットはほとんど効果が無く、レバレッジファンドやショートファンドは使うべきではないとも感じています。



posted by ロボたいしょう at 08:08 | Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

ポケモンGO強さランキング

私用
レベル20、個体値50%(中央)としたときのCPランキング。
簡単に手に入るポケモン(主観)は太字にしてある。

pokemongo.png

カイリューが突出して強いのは当然として、カビゴンが次点で強い。
やや落ちて1550前後のラプラス・ウィンディ・ナッシー。
この中でナッシーは入手が容易で作りやすい。
1500前後ではシャワーズも進化コストが安く、ここまでがジム戦のSランクと言える。

それ以降はギャラドス1414〜ゴルダック1261までAランクのポケモンが並ぶ。
多くは2進化ポケモンで作るのは容易ではないため、気長に作ることになる。
その中でも作りやすいポケモンはブースターとヤドラン
下の方ではゴルダックが作りやすい。
ここまでは一応Aランクとしました。(ピクシー・ゴルダックはやや格落ち)


ゴルダックの次がだいぶCPが空いてBランク。
安いポケモンとしてはブーバー、ドククラゲ、スターミーなど。
サンダースはブイズの中ではCPが低い(本家ですばやさが高いポケモンは計算式上CPが低い)
が、電気タイプのポケモンにこれ以上のものがいないため作らざるを得ない。

圧倒的に安い早い美味いのがカイロス。
野生でそのまま高レベルのポケモンを捕まえやすく強い。
カイロス以下のCPのモンスターはわざわざジム用に育てる意味は無いと考えて良い。

ちなみにライチュウ1060の次はゴルバット995、とジムではほぼ出番なし。

ポケモンGOはとにかく水ポケが集めやすくてステータスも強いしでとにかく強い。

結論

カイリューはとても強い。
カビゴン、ラプラス、ウィンディは強い
ギャラドス、御三家はまぁまぁ強い(が作るのは大変)

安くて強いポケモンは
ナッシー、ブイズ、ヤドラン、(ゴルダック)。
posted by ロボたいしょう at 00:12 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする