2008年09月19日

余は如何にして東大生になりしか 地雷編


センター試験はなんとか乗り切った俺。その選択とは・・・




結果から言う。

センター試験で765を超えなかったのに

俺は

文一に出願した

どうして俺はセンター試験で765を超えなかったのに文一に出してしまったんだろうか?

俺には理三A判定の友達が居た。正確には、出せば絶対に合格する理一と、出しても絶対に受かるかどうかは未知数の理三で少し悩んでいる友達がいた。俺は文一志望にするか文二志望にするか結構迷っていた。文二なら結構自信があったが、その当時はまだ自分の心の中で、官僚や弁護士への道を閉ざしていなかったし、現役で文一なら自分はきっと天才に違いないと傲慢にも思っていた。
あと、文二志望にすると勉強で手を抜いてしまうかなと思ったのも理由の一つだった。ただ、実際問題として、合格最低点が10点差あるのは看破できなかったので悩ましいということだ。
俺は、その友達に、

「俺さー、文一と文二のどっち受けたらいいと思う?」

と聞いた。

彼の答えは

「俺は足きりでも絶対理三に出す!


だからお前も文一出せよ!!!」


この松岡修造並に熱い答えに感動した俺は、765切ったら文二と決めていたのに、それをちょっとくらい下回っていても文一に出してしまったのだ。

ところで、合格発表で彼は理三に受かっていたが、俺は落ちていた。
彼は、別の友達に

「なんであいつ文一出したの?文二だったら受かっただろ?」

などと外道な発言をしていたのを俺は一生忘れない。

さて、無事に?センター試験という戦いを潜り抜けた俺であったが、二次試験を前に勉強のペースが加速するなどということは

決して無かったwwwwwwwwwwwwww

駿台の直前講習を結構受けたが、朝駿台に行って3時間の授業を2つ受ける→図書館に行って1時間くらい勉強してうちに帰る→家では寝るまでに1時間くらいしか勉強しない とつまり、この直前期にも関わらず、授業時間を除くとほとんど勉強していないし、そもそも直前講習を取りすぎワロタwwwwwwwwww
状態である。しかも駿台の直前講座はそれほど意味があったとは思えないし、現代文の霜は俺の現代文力を破壊したとしか思えないので受けるべきではなかった。
駿台の講習が無かった時期はほとんど遊んでいたような気がする。

そしてなぜか入試直前になって、Dungeon crawlに再びはまりだした。

一日5時間くらいゲームしてる訳です。

勉強時間は一日4時間くらい。というか世界史が終わらないよ??
もともとセンター対策期で世界史の知識を詰め込もうとしていた訳だから、問題を先延ばししてしまった以上世界史で点数が取れるわけが無いという問題。

つまり、この時期の俺は完全に詰んでいた。

ただ、唯一の望みは数学の爆発力。俺の中では、初日に110点取れれば、つまり国語で50数学で60取れれば、社会で70英語で75くらいでも255点で合格できると踏んでいた。英語は実際結構得意だったし、地理で世界史をなんとか支えればあるいは・・・ 

ちなみに、俺は秋ごろから、世界史は家庭教師の先生について貰っていた。学校の国語の教師に、「お前世界史そんなに苦手なら、論述とか見てもらった方がいいんじゃないの?」と言われたのがきっかけである。
とにかく、問題だったのは世界史の知識をちゃんと覚えていかなかったから、

どんなに論述の練習をしても意味無い!!!!!!!!!!!!

その先生はあまりに知識の無い俺の論述指導ではヤマを張っていた。イギリスとアメリカにほとんど学習時間を突っ込んでいた。
俺が、「もう全然中国史が間に合いません。どうすればいいですか?」と聞くと、

「中国史は明以前を全部捨てろ」

と親切にも教えてくれました。
とにかく大論述で狙われ易い18世紀以降に焦点を絞りました。
勘の良い読者ならもうお分かりだとおもいます。

ペロッ!これは死亡フラグ!!!!!!!!1

そしてあれよあれよという間に二次試験がやってきた。唯一の救いと言えばセンター試験で一度駒場に来ているということ。
夢にまで見た東大二次試験が、今開かれる・・・!

来週もお楽しみに!
 




↓意外と頑張ってこのブログ書いてます。面白かった時だけランキングに投票おねがいします。
東大生ブログランキング にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
posted by ロボたいしょう at 19:00 | Comment(0) | 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: