2010年04月15日

和田式勉強法の功罪


和田式勉強法について考えます。

是非とも昨日の記事を参照しながら読んで下さい




1.受験とは・・・ という心構え について

和田式勉強法の基本的な考え方

最大の目標
大学入試で志望校に現役合格すること

受験の定義
合格最低点を取ること

要領受験術
志望校合格のために最小の努力で最大の効果をあげること

これがメインです。効率良く、合格最低点を取って現役で合格しましょう!ということですね。
最小の努力で最大の効果というわけです。
ある程度受験を真剣に考えてればこの程度の事はわかるでしょう。ここにはなんの問題も無いです(たぶん)


2-a 勉強法総論について

「無駄を徹底的に省き、スピード重視する」 という効率主義と

「効率よく覚えるべきものを残す」という絶対復習主義
の2つを特に上げています。

また、目標を明確にする(志望校を決める)ことで、勉強に集中できるということを主張していますね。
無駄を省いて、徹底的に復習を重視。これが最近の受験勉強、いや受験に限らず勉強法のトレンドでしょう。荒川式でもそのように書かれています。
また、
問題を解きながら覚えるのが出る所を学習するのが最も効率的ということで

問題集または問題集型参考書をメインで利用

という部分も、和田式勉強法(ひいては和田の後継者達)を支える部分です。

参考書をむやみに読んでも何もしようがないので、問題集を解いて重要な所から頭に入れましょうということです。

2-b 勉強の実践について

昨日の記事でも書きましたが、和田式では間違えた問題を翌日・週末・月末の3段階の復習ラインで記憶に残そうということを主張しています。
また、1コマ90分で時間を区切り、一日2コマの勉強、つまり3時間を毎日勉強しましょうと言っています。
90分にやるべきノルマを設定し、終わったら遊んでも良いことにする。
こうして一日3時間だけの勉強で、フルに集中し効率を上げる。復習を重視し、やったことは確実に残す。

これが和田式勉強法の核心です。

俺はこれは全くその通りだと思っていて、まぁ一日3時間で本当に大丈夫なのかは別としても、
上手い時間の使い方だし、方法論自体は完成されています。

無駄なものは勉強しないというのも非常に理にかなっていますね。
学校のクソ授業とか滅びろ って感じでした。うん。
ここまでは多分和田式に瑕疵はないです。


3-a 受験勉強の総論について

和田式は科目間のバランスや、基礎からの学習、合格最低点主義、綿密なプラン設計
を、受験勉強法として掲げています(たぶん主張のメインです)

もっと具体的にそのプロセスを書くと

志望校をハッキリ決めて合格最低点を調べる



苦手科目が半分も取れなくても大丈夫だとアピール



最低点を超えるシミュレーション



得意にすべき科目(英数)から手を付ける(国理社は後からで間に合う)



英数は苦手なら基礎からがっちりやろうね



綿密なプラン設計で参考書を大量に使う


和田はいろいろ本を出してますが、

言ってることは全部この焼き直しです

最低点を超えるシミュレーションで、誰でも早慶に受かりますよ的アピールをしていて、

ここに和田式勉強法の綻びがあります

その合格最低点のシミュレーションが正しいのか、読者にはわからないわけです。
東京大学受験技法という本があって、その本は実に参考になる本なのですが、
その中の合格最低点を取るための科目別目標得点というのがむちゃくちゃなんです。
国語は最低でも50点は取れる 的記述があるけど

一年以上勉強して50点の俺に謝れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


最低でも○○点は取れるっていう見積もりが甘いわけです。
そして○○点を取るための勉強 では○○点に届きません。勉強量が足りません。
そこが和田式の矛盾だなぁと思いますね。

あと、国語や理社は高三からで十分みたいに言ってますが、これがまた怪しい。
高二からガチガチに勉強する必要はもちろんないんだけど、直前になってから3ヶ月でなんとかしようみたいなのは明らかに無茶。

最近の和田本ではそういう批判があったのか知らないが、

学校の授業を利用して基礎は押さえる

という玉虫色の主張になってたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

昔は

授業は全部内職して3時間勉強すれば東大合格!
みたいな過激な主張だったのに。随分丸くなったもんだぜ


基礎からやりましょう っていうのは、むやみやたらに難しい本を使うよりも、自分に合った本を使いましょうということです。
大体の和田本には自分の実力をテストする問題が付いています。
そこでスタートレベルを判定して、中学の分野に穴があるようならそこから埋めましょうという考え方です。

これは非常に良いアイデアです。荒川式とも共通した部分です。


綿密なプラン設計とそれに伴った大量の参考書問題は3-bで取り上げます


3-b 受験勉強各論について

特に英語での問題点があります
基礎からやるということを勧めていて、まぁ中学校の英文法からやりましょうと。
中学校の英文法とかもやって、
その次は読解に必要なだけの英文法を最低限やったら英文解釈に入って、
解釈は○○と××をやって読解に入って△△と□□と・・・

という綿密な段階毎のプランを立てています。
1ヶ月でくもんの中学英文法をやって、その次は2ヶ月でビジュアル1をやって・・・
みたいな感じで、

あまりにも大量の参考書を短期間にやりすぎ

てます。

参考書を消化しきれないままずるずる時間だけが経過するパターンが見えるし、
和田式で失敗したという人は大体ここで失敗したんだと思います。

1ヶ月でこれやって次はあれやって みたいに、

参考書はやりさえすればいい

という発想は危険です。かならず何度も復習する必要があります。
リストでは1ヶ月でも実際に消化するまでは倍はかかることはざらです。

和田本人が理三出身でやたら頭がいいのかもしれないですけど、常人にはこのペースで参考書をこなし続けるのは無理もしくは無意味
なので、もっと使う本を絞るか、使う期間を長くする ことで対処します。


あとこれは2chの大学受験板でも当てはまりますが、
多くの合格者(和田のプラン)は受験勉強のゴール付近では、難しい本を使っています。
そのせいか、

大量の参考書をやり、難しい本に到達しないと合格しない(不十分ではないか)


という不安を抱いて、山のようなリストを作って、


この20冊を1年でやれば早稲田の英語は完璧ですか?

みたいなトンチンカンな質問をしている輩が多いんだよね〜


だめだよぉ〜ぅ。ぉーん。




プラン厨・参考書厨を(本人が意図せずとも)生んでしまったのが和田式の最大の罪でしょうか。

数学については最近は理解を伴った暗記数学へと形を変えていて(昔は丸暗記でいい!とか言ってたみたいですが)
この勉強法はすっかり受験界のスタンダードとなった感がありますね。

所謂、チャート1冊潰せば大丈夫

というやつです。


あと、本人が理系だったせいか、

文系科目(国語・社会)をナメすぎです。



世界史を半年でやるのは無理です



4のTipsについてはどうでもいいです。良さそうなのだけ勝手にやってください。





総括&オススメ本

・疑惑の最低点主義
・国語社会軽視
・そもそも勉強量が足りていないのでは?(一日3時間でいいのか)
・参考書使いすぎ&ペース早すぎ


という問題点を除けば(って最低点主義・英数特化は和田の核心でしたっけ?)


和田式の勉強法は現在でも非常に優れている

と言えます。

賛否両論ありつつも、何十年も本が改訂され続け、またそれが売れ続けている

という事実がこれを保障してくれるでしょう。巷にある受験勉強法の本は、大体が和田式の焼き直しかそうでなければ粗悪なものです。

ではここでもう一つ問題があるのですが


じゃあどの本を読めばいいの?

と言う問題があります。

和田は本を出しすぎ

というか、

精神科医の仕事よりも多分、著者としての仕事の方が多いのでは?
と疑いたくなるくらい本を出しています。
アマゾンで和田秀樹で検索すると1341件とか出てくるんだけど
これはどういうことなの・・・

受験に関係した本だけでも、絶版になったものを含めれば膨大な量になります。

もちろん10冊くらい買っちゃってもいいですけど、
同じ内容が延々書かれている(特に受験とは・・・の心構えとかが)
ので、

どれかまとまってる一冊を読めば十分です

俺は和田本は全部で20冊くらい買いましたが、


ハッキリ言って金と時間の無駄でした


勉強法の核心に触れた部分だけかいつまんで読めれば十分です。

じゃあどの本が一番いいの?
というと、

それは明日また書きますよ

ということで引っ張って今日は終わり

すまんのうwwwwwwwwwwwwwwwwwwすまんのうwwwwwwwwwwwwwwwwwww
東大生ブログランキング にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
posted by ロボたいしょう at 23:00 | Comment(4) | 受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランキング上位になってるwww

浪人編完成おめw
Posted by くらすのひと at 2010年04月16日 09:52
わざわざコメントありがとう
完成させるまでに2年かかった
Posted by しいたけ at 2010年04月18日 05:30
肯定的にお書きになってますね。素晴らしい。
Posted by 和田被害者なのに at 2011年01月17日 13:38
ネットの時代に未だ和田秀樹に騙された人がいたなんて。
Posted by か。 at 2011年01月20日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: