2011年09月23日

英語の勉強法(中級編)

内容的に英文法の勉強法(中級編)の兄弟です
http://sitake.seesaa.net/article/194298148.html






長い間放置してましたが英語の勉強法シリーズです

前提として、


レベル1 三単現、be動詞、現在進行形、疑問文といった初歩の初歩レベル

レベル2 中学英文法(基礎的なレベル)

レベル3 関係代名詞、現在完了、受動態、分詞といった若干難しめのもの


レベル4 関係副詞、過去完了、仮定法、分詞構文(高校授業程度)

レベル5 簡単な入試で問われるレベル(細かいこと)

レベル6 入試レベル(超細かいこと。語法の知識も含む)


最低でもレベル3(中学校)の知識は身につけてから英文解釈に入るようにしましょう

和訳がある国立はもちろん、私大でも英文を和訳する能力は必須です。
なぜなら、

ゆっくり読んで意味がわからない文章を早く読んで理解することは不可能

に決まっているからです。

http://sitake.seesaa.net/article/155455812.html

http://sitake.seesaa.net/article/158498313.html
のおさらいです。

文法知識は中学程度は完璧に

つまり





ここら辺はバッチリできるようになっていることが前提です。

中学で習う単語の復習には


ここらへんをつかっておけば大丈夫です。どれも内容は一緒なのでデザインの好みで選びましょう


高校で習う最低限の文法を仕入れよう・・・
というのには

大岩と


基礎英文法がいいです。
ただ基礎英文法はネクステとかよりはレベルが低いのですが、
それでも生徒が苦戦して先に進まないという事例があったので、これはまぁ解けなくても解釈先行でかまわないと思います。


ここまで勉強したら




英語長文レベル別の1と2をやる、もしくは公立高校入試の過去問の英語を解く

ことで、英語の読み方というか、まぁ英語をとりあえず読んでみましょう。
昔はちんぷんかんぷんだった英語も、文法と単語が増えればそれなりにいけることがわかると思います。

上の英文がすらすら読んで解けるようになってから大学入試の勉強スタートだと思ってください。

ここでちょっと自信をつけたあなたが次にチャレンジする参考書は、



ビジュアル英文解釈part1

多くの合格者と多くの挫折者を生んだ伝説の名著だと思います

マーチくらいを受ける受験生はPART1だけやっておけば大丈夫です。
part1、2両方やらないとダメだという批判もありますが、part1は非常に練られた構成になっているとおもいます。
ただ解説が少々小難しいので読むのが大変という弱点がありまして、俺難しい日本語読むのだめなんだよなーと思ってる人は回避が正解だと思います。

ただこの本のいいところは読解に大事な文法事項がいやというほど繰り返し出てくる(関係代名詞の省略、節同士の読み方)
ので、英文を読むのに必要な理解を無理やりつくってくれるということです。

使い方はノートに英文をコピーしてはりつけて(左側に) 右側に全和訳を書くという非常に古典的な方法です。
ノートはA4がお勧めです。このビジュアル和訳は必ずやあなたの英文解釈力を鍛えてくれると思います。

ビジュアルはレイアウトも悪く、本も古いのにここまで信者が多い理由は、
ビジュアルのように長文が30個ほどあって、その中で必要な文法事項を全部出し、また何度も復習させまくっていて、かつスタート地点が低い
という本が他にないからだと思います。



マーチまでの私大を受ける人は英文解釈はここまで(PART1)で十分だと思います。
複雑な構文よりも単語力やスピードで勝負していきましょう。
早慶上智でもPART1まででいけると思います。
旧帝国大&早慶上智で英語武器にしたい人 はPART2もやりましょう。
高い壁ではありますが、この本を耐え切ったあとの世界の展望は広いはずです。

一回ではとても消化できないので何週もすること前提です。
小学校のときに遊んだあのゲームみたいにしゃぶりつくしましょう。

一応達成度の目安として

英文和訳演習基礎編


英語総合問題演習基礎編


がついています。ビジュアルから先に進もうとする前に、かならずこの2冊で客観的に実力をチェックするようにしましょう。

さもなくば復習不足で死あるのみです

一方、俺にビジュアルは無理そうだ!
という人は、英文法を大岩もしくは基礎英文法まで勉強してることを前提で、


大矢英語の読み方



基本はここだ

どちらかやるのがおすすめです。大矢→基本はここだ もありです。
ちなみに大矢はビジュアルの前にやっても大丈夫です。
基本はここだは結構比較とかが確か難しいと思うので大矢がこの難易度だと神参考書になるかもしれないですね

とにかく解釈を練習している間は、手で和訳を書くことが一番大切です。

で、この基本的な英文の解釈がおわったら、みんなが良く使ってる本、



基礎技術100

超鉄板です。見開き完結型でかなりの文法事項を解説しています。
見開き完結の弱点として、この英文って(全体として)結局何を言いたいんだ???
みたいに思い悩む場面が結構出てくるのですがそこは諦めましょう

入門70 基礎100 本編の100 と3つありますがどれか1つやれば十分です。
数学のチャート式みたいなもんです。


基礎英文問題精講は時代遅れな感じもありますが必修英文問題精講はわかりやすく人気のようです。こちらも悪くなさそうです。


この本が終わったらやはり英文和訳演習と総合問題演習で実力チェックするといいと思います
合格点が決まっているので全体で合格できなかったときはよく復習しましょう。

この解釈入門期は単語帳として
速単入門、基本英単語・熟語ターゲット1100、フォーミュラ1200 BASIC、
データベース3000

ここらへんの簡単な高校程度の単語が載ってるやつをつかいましょう。

ここまでの勉強があなたの英語の地力になると思います。


ビジュアル1、基礎技術100
どちらも基本的な事柄が中心ではありますが、ここら辺が定着するだけで大体の英語は読めるようになります。

大学入試は難しい参考書を使ったやつが勝つというゲームではないわけです。
クソレア満載のデッキにしたからといって勝てるとは限らない。
むしろ小粒でも粒ぞろいな参考書を身の丈にあった分量使うことが大切です。

ここまで、なんとか高三の夏までにはやりたい感じですね。
全員共通でここまではやるべきです。もちろん日東駒専以下の志望の人はやる必要はありませんが。
大矢の読み方だけやってさっさと単語と熟語を覚えましょう。





基礎的な解釈を終わらせたら

さらなる解釈力アップが必要だ(東大 京大 など和訳レベルが高い大学、難解な英文の大学)
→ビジュアル2orポレポレ→和訳演習中級、総合問題演習中級
に進みます。
この後はとにかく問題集を解きまくりんぐります。こんなレベルの受験生なら参考書どれがいいのかわからんということはないでしょう。今回は割愛します。

透視図とか解釈教室とかを知っている受験生は居ますか?いるのであれば間違いなく2chのやりすぎです。そんな参考書を使わなくても大学には受かります。英語だけでは合格できないのでさっさと世界史なりなんなりをやりましょう。


マーチ、中堅国公立志望だ もしくは 早慶上智志望だが英語は得意ではない
→英文読解(問題演習)と文法対策etc つまり仕上げに進みます

大学入試で一番の比重があるのは長文です。
とりあえず問題集をがっつり解きましょう。
自分のレベルにもよるので一概には言えないのですがまず過去問を解いてください
何が足りないのか、目標とするレベルを知っておきましょう。



必修英語長文問題精講 とかいいんじゃないですか

この時期なら過去問解き始めるのも有効です。もう解けます。

あんまり自信ないひとはレベル別英語長文とかも。

自信ない人は、やっておきたい300とかは結構難しいので挫折しないようにもうちょっと後がいいかな。


ハイパートレーニングも悪くないです。簡単め

とにかく、最初のうちは解説がついてる長文問題集を解き、最後はひたすら過去問なりなんなりを連打するのが有効です。最後は読んだ量がものを言います。


次 文法対策


文法問題っていうとあの4択のあれです。なぜか受験生はあれを恐れて文法を勉強しているのですがその勉強方法が的外れです。

とりあえず4択とかそういうのはネクステかアップグレード、Z会のグラマスター
みたいな見開き系で覚えましょう。

即ゼミは使ってはいけないというほどではありませんがレイアウトがゴミです。
特に即ゼミ3かなんかがランダムな順番で出てるはずですがあれは初心者が覚えるには適していません。

あと桐原の1100、1000は言うほど難易度に差はありません。出ている事項は同じです。ただ俺は分冊が嫌いなのでネクステアプグレグラマスが鉄板だと思います。

で、こいつらの本の使い方ですが

まず最初の文法ってかいてあるところは無視します

いくら覚えても文法は入試本番に出ないのでまずスルーです。あとで時間があればやりましょう。

ネクステなら
最初に

イディオム必修100個 みたいなのがあるはずなのでとりあえず1日でそれを覚えます

それを覚えたら、語法とイディオムを全部覚えるまで血を吐きながら頑張ってください

4択問題は文法に見えて、実は知識問題がほとんどです。
ある年のセンターの文法4択問題、10問中6問は語法・イディオムで純粋な文法は1問しかありませんでした。3問は単語知ってるかです。

私大で出てる4択はとにかく文法にみせかけたイディオム語法問題です。イディオムと語法をいやというほど覚えてとりあえず点を稼ぎます。

マーチ受けるなら本当は文法なんかやらなくてもいいのですがとりあえずやるかぁみたいな気持ちになったら

ここらへんの解説本片手に覚えるのがいいと思います。
ネクステの解説はあまりにも貧弱すぎてあれで理解するのは絶対不可能です。
それよりも理解不要で即得点源に出来る語法とイディオムを死ぬほど覚えるほうが先決です。入試が見えてきた段階から語法イディオムは必ずやりましょう。

ここまで覚えたら最後は入試直前最後の復習っていう感じで問題を解くだけです。
いたずらに覚える範囲を広げてはいけません。センター過去問の文法をとくとか演習を通じて知識を定着させていきましょう。

ランダムに出てくる即ゼミ3とかは最後の演習用には悪くないですがいかんせん分量多すぎなのであんなものを解く時間はないでしょう。つまり即ゼミの出番はありません。
ただ早慶上智とかで文法問題etcが難しいならつかってもいいと思います。

単語帳ですが、
シス単BASICとかDUO select そういう感じの単語帳を1冊用意し、それを完璧にする気持ちでやるほうがいいです。
いたずらに単語王とか使っても意味がないです。ただ単語は知ってるに越したことはないので覚えきってしまったらどんどん次の単語帳を覚えてもかまいません。
ただそれだけ暗記する時間があるのなら、もっと別の科目(社会とか)を暗記するべきです。

英ナビ・新英頻とかは伊藤信者向けです。ビジュアルで伊藤様に心底惚れた人たちはこれで勉強しましょう。決して悪い本ではありませんよ(特に英ナビ)
新英頻は文法はいいんだけど語法・イディオムがさすがに時代遅れでしょう。

ちなみに会話とか発音アクセントは無視してください
過去問見て会話が多い大学なら会話はやりましょう
発音アクセントはかかる時間の割りに点数がないので無意味です

これで英語の勉強法の大体重要な場所はおしまいです。
というか英語の勉強は
・中学文法〜ビジュアル1・基礎技術100(入試解釈基礎レベルまで) の完成までと、
・そのあとネクステイディオム語法を連打
・簡単な単語帳からしっかり覚える

これが一番大事だと思います。
この基本さえはずさなければ後は長文・過去問演習でなんとかなるはずです!
東大受ける人とか早慶受ける人もとりあえずここまで共通で、ここから先にどの参考書を使おうか?みたいなのはもっと後で悩むことです。
そしてそういう人たち向けの情報は糞みたいにたくさんある(和田の受験技法etc)ので解説は不要ですね!

初期の文法は非常に大事ですが読解レベルを超えた部分は必要ありません。
それよりも四択で狙われる語法・イディオムに集中しましょう。
また単語はあるに越したことはありませんがシス単BASICで十分です。


posted by ロボたいしょう at 16:59 | Comment(12) | 受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもためになりました!

是非参考にさせていただきますね><
Posted by すずむし at 2011年09月24日 22:08
初めてコメします

自分はだいぶ前に高1で中退して、
今年24になって、
あるところを目指して
現在独学で始めようってところなんですが
英語の勉強法が大変参考になっています

結果云々のレベルにも達してないんで
まだなんとも言えないんですが
少なくともネクステが自分のレベルに
見合ってないんだと初めて気付きました。。orz
でも先の見通しが少したったように思います

個人的な要望なんですが、
もし良ければ数学の初学者向けの勉強法とかも
書いてもらえたら有り難いです
ブランクが大きい事もあり
1Aで苦戦してる有様ですorz
Posted by 割爪 at 2011年09月28日 11:06
これでわかる数学くらいしか思いつきません・・・
Posted by しいたけ at 2011年09月29日 15:11
そうですか・・・
わがまま言ってすみません

英語の件に関してはありがとうございます
完全に行き詰っていたので幾らかすっきりしました

これからもちょくちょく覗きに来ます
Posted by 割爪 at 2011年09月29日 20:37
今、高3で早稲田商狙ってて、過去問で五割くらいしかとれません。

マーチの英語は八割がた取れるんですが、ポレポレでもやってみるべきでしょうか?

偏差値は河合塾のマーク64くらいでビミョーな感じです。

Posted by オタクン at 2012年01月05日 18:02
今から参考書増やすとか自殺同然でしょう
今まで使った参考書の復習と単語力・熟語力増強 そして過去問演習でなんとかするしかないのでは
Posted by しいたけ(ろーにんめいでん) at 2012年01月06日 11:34
お返事ありがとうございます。

過去問演習ですか、わかりました。


ちなみに、現代文は得意なんですが、英語の長文があまり得意でありません。

単語、文法でしょうか?
Posted by at 2012年01月06日 13:01
英語の参考書は
大岩のいちばんはじめの英文法→基礎英文法をしたあと
大矢→基本はここだ→基礎技術100→ビジュアル2→和訳演習&総合問題集とかで演習しまくる、英文法はネクステのイディオム語法を暗記で十分でしょうか
ビジュアル2をやるんだったら1をしといたほうがいいですか?
また基本はここだをするのであればビジュアル1はしなくても十分ですか
高1で東大理1志望です。
Posted by nanasi at 2012年07月09日 00:30
返信遅れました。
基礎技術100が不要でビジュアル1を入れるほうがいいです
基本はここだや基礎100のような短文の参考書と、ビジュアルのような長文の全訳では意味が全然違います。
ちなみにビジュアル2だけやることに何か意味があるとはとても思えません。推理小説の上巻を読まずに下巻を読むようなことは僕は感心しませんし、なにより意味がないと思います。
両方やってもバチは当たらないでしょう。簡単なことに思えても意外とどちらの参考書も難しい内容がありますよ。
Posted by しいたけ(ろーにんめいでん) at 2012年07月25日 02:03
初コメ、地方中堅国立大志望の高2です。

ホント参考になってます!今ビジュアルをやっているところですが、英文和訳演習基礎編などで復習する重要性がわかり、そうしようと思います。

和田式では解釈本を2,3冊はするようになって(『絶対基礎力』では、ビジュアル1→基礎英文解釈の技術)ますが、この記事のようにメイン解釈本はビジュアル1オンリーで中堅国立大はたりるでしょうか。基礎解釈100とかに進むかこの記事にならうかで迷ってます。

アドバイスしていただけると幸いです。
Posted by ぐすたふ at 2014年02月28日 20:46
すみません、ちょっともう受験からは長く離れてしまって有効なアドバイスができるとは思えないのですが・・・
解釈のための本っていう意味では1だけで十分ではないですか?

単語・イディオムなどはいくらでも覚えたいでしょうし問題演習などにも注力すべきかと。
Posted by ろーにんめいでん at 2014年03月02日 20:45
いえいえ、とんでもないです。

1で十分という回答をいただいたおかげで、安心できました。私も和田本ちょっと読み過ぎたので、ろーにんめいでんさんのように和田式はうまく活用したいです。(参考書を多くすることに意識が回りすぎてました)

大事なのはこれと決めた参考書の内容をどれだけ頭に入れるかですね。ビジュアル1を2,3周はしようと思います。









Posted by ぐすたふ at 2014年03月03日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: