2014年10月26日

私家版WARランキング 最終版

先日
http://sitake.seesaa.net/article/407644921.html
のものには守備の計算に誤りがあったので修正版を再度アップします

丸や菊池、YOの順位が大きく上がっています。
全体的に、デルタ社のものに比べると評価が辛い(というか分散が低い。1前後の選手が多い)
守備評価はかなりいい加減なので若干補正をかけて使っている。
デルタのUZRなんかは守備だけで+30点とかなってますけどこっちは菊池でも20点くらいですね

打撃はBABIPの影響を考慮し、若干BABIPを打ち消すような補正をかけています。

私家版はデルタにくらべて救援投手の評価がかなり甘いと思います。
救援投手にはWAR全体に1.2倍の補正をかけています。
これは、すぐれた救援投手は重要度の高い局面で登板することが出来るため、すぐれた救援投手は投球回以上に価値があると考えられるからです。
(もしそうでなければ、勝ち継投という概念自体が存在しなくなってしまいます)

加えて、FIPの低い投手は低さに応じてWARを加算しています。
通常、9点の失点阻止で1勝の追加と計算していますが、
常に0失点の投手を考えれば、9点も阻止していなくてもチームの勝ちをすごく増やせることは明らかです。
(打線が1点でも取ればチームは必ず勝てるわけですから)

この2つの補正によって、所謂、守護神系ピッチャーのWARがかなりインフレしていますが、
これはデルタのWARがあまりにも投球回に偏重しており、リリーフという役割を無視したものと考えています。

以上の点に留意してご覧ください。


TOP50
verf_wartop50.png

100
verf_wartop100.png

150
verf_wartop150.png

200
verf_wartop200.png

250
verf_wartop250.png

posted by ロボたいしょう at 03:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: