2016年04月05日

マイナスのBPIについて

私信

総合BPIがマイナス(皆伝平均以下)の場合の考え方原案

総合BPIは、もともと1曲でも高い曲があれば、それに応じて高い総合BPIを与えるという発想でした。
単曲BPIが1曲だけ100(全一)で、ほかが未プレイのとき、それだけで総合BPIは50(全国50位)くらいになったと思います。

単純に曲ごとのスコアの足しあげる方法では、未プレイが多いプレイヤーをうまく評価出来ないという欠点がありました。
得意曲だけ全一もしくはそれに近いスコアを付けているプレイヤーは、それだけで十分高い評価を与えられるようにしよう
と考えていました。
さらに、全一を一つでも持っているということは、アベレージプレイヤー(全曲がそこそこ)よりも、「ワクワク度」高いよね
という発想もありました。
こうした考えから、超上位層では、単純な勝敗数よりも、全一を持っている数が、重要だと定義しました。
なぜなら、全一の数というのは、つまり人類のフロンティアをどれだけ走っているかということを示すと考えたからです。


さて、総合BPIが0以下、つまり総合的な実力が皆伝平均よりも劣ると思われるプレイヤーの評価についてです。
このレベルのプレイヤーなら、単純に勝敗数で上下を決めてしまう、というのはどうでしょうか。

飛び抜けてうまい曲が人類のフロンティアで凄いよね、というのは、皆伝平均以上の上位プレイヤーの話であって、
それ以下のプレイヤーの場合は、アクティブライバルの勝敗数表示で、なんとなくどっちが上手いかを判断していると思います。

十段平均の単曲BPIを-15とし、全曲が十段平均のプレイヤー(ミスター十段平均)を考えてみましょう。
あるプレイヤーは、十段平均よりも高い曲も低い曲もあります。ミスター十段平均相手に勝利数が多ければ、そのプレイヤーは十段平均よりもうまいと言えるでしょう。
つまり、スコアがついている曲の単曲BPIの中央値が、十段平均(-15)よりも大きければ、ミスター十段平均よりも上手いと言えるはずです。
これを広げて考えると(ある程度以下の捨てスコアを調整するのが必要とは思いますが)、スコアがついている曲のBPIの中央値が、そのプレイヤーの総合BPIということで話が片付くように思います。

もちろん、全曲のスコアが十段平均と同じ人はいないので、ミスター十段平均と思われる人の単曲BPIの分布を考えたり、
捨てスコアがついた時に総合BPIが下がっていかないようにする、また、高い単曲BPIを評価に入れる、
(もしくは、単曲BPI高い方から30曲くらいだけ使って、その中央値or75%分位点を取る?)
などの工夫は必要かなあとも思いますが、発想としては、
勝敗数勝ってたら強いよね
で行くのはどうでしょうか。




posted by ロボたいしょう at 18:02 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: