2016年06月10日

会社も個人も営業利益が大事

企業の価値を評価する指標として代表的なものに、PBRやPERがあります。

PBRは、言ってみれば今の株価時価(Price)が、企業の資産価値(純資産=Book Value=保有する資産から負債を除いた残り)より高いか、安いかを見る指標です。
資産の価値と企業時価総額が等しい時、これは1倍になります。

PERは、今の株価(Price)が、1株あたりの純利益(Earnings)の何倍かを見る指標です。
PERは、言ってみれば、ある株に投資をしたとき、それが何年かけて回収できるかを表す代表的な指標です。
概ね15倍(年6-7%くらいの収益)が平均と言われています。

純利益は、会計上株主が最後に手にする儲けですが、実際には純利益だけを見て株を比較するのは難しいと思います。
会社本業の儲け(営業利益)に、本業以外の損益を加減したものが純利益です。
純利益は、純資産(企業の資産価値)の増減と等しくなります。
純利益には税金の処理だとか、持ってる資産の減損だとか、そういう特殊な要素、1回限りの利益や損失が多分に入ってきます。
純利益は、経営陣が操作しやすい(業績予想なりに着地させやすい)利益指標です。
ブレが激しいので安定的に比べるのには向かない指標とも言えるでしょう。


企業の地力を見るためには、本業の儲けを表す営業利益、もしくは営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフロー、EBITDA、EBIT、といった指標も見るのが良いのではないでしょうか。


前フリが長くなりましたが、家計簿の考え方についても、私は営業利益を見るのが良いと思います。
月のはじめに貯金がいくらで、月の終わりに貯金がいくらあるので、今月はいくら増えました(減りました)
という、ストック(貯金)の差額を見る考え方は、純利益的な(IFRS的な)考えです。

しかし、毎月の出費にはいろいろなものがあり、単月や一年単位で区切っても、実態の生活レベルはよく分かりません。
今月出た結婚式の御祝儀代(特別損益)はカウントせず、毎月かならず使うような支出額(営業支出)が、望ましい範囲になっているかどうか、
を最初に考えるべきだと思います。
(支給されたボーナスが、月々の赤字の穴埋めに消えていくのを見ながら)

posted by ロボたいしょう at 07:59 | Comment(3) | スマートライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
今回は受験勉強に関して質問があります。

管理人さんは受験勉強を終えてからもう長らく時が経っていると知りながらも、
大変申し訳ありませんが受験に関する質問をさせていただきます。

私は現在、高2の東大文系志望の者です。

青チャートの基本例題に今取り組んでいて、
それが終わり次第一対一、次に新スタ演に移行する予定です。

これに関してなのですが、

一対一は例題のみやって
そのまま新スタ演に入ろうかと思っています。

この二冊の難易度から察して、演習題もやるべきでしょうか。


長文に渡り申し訳ありませんでした。

Posted by sui at 2016年06月12日 10:18
質問ありがとうございます。
もう今の受験事情はよくわからないので、話半分で聞いていただきたいですが、
今になって思い返せば、新スタ演は文系にはやや過剰ではないかと思います。
青チャート、一対一、新スタ演を全部やるのでは、やってる間に他の科目が時間切れになるのではないでしょうか?
(数学特化するメリットとして、滑り止めの早慶が受かりやすいというメリットや、一橋に転じた時にも無駄が少ないというメリットがありますが。)
和田式では、英語数学への注力が勧められていますが、現役では社会二科目が間に合わなくなるケースも多いように思います。
自分をふりかえっても、新スタ演やって上積み出来る数学の点数が15点としても、その時間があればもっと他の科目(間に合わなかった世界史とか)取れたかなあと思います。
一対一が解ければ、あとは模試問や過去問で東大形式の問題に徹底的に慣れるというのも手かと。
青チャートやりこんで、一対一をやるのも大変ですし、青チャートと模試問過去問でひたすら粘るのも手かも知れません。

あまり参考にならないかもしれませんが、参考書はたくさんやればいいのではなく、一冊をしゃぶり切るつもりでやりましょう。以上です。
Posted by ロボたいしょう at 2016年06月14日 23:02
あと、今過去問見てみて、青チャを辞書替わりに使いながら解いてみてください。
青チャで似た問題の解法を探しながら解ける問題が、青チャの到達点です。

新スタ演は難しい問題が多く、大変歯ごたえはありますが、東大の傾向にマッチしてるかはやや疑問(人生でいちばんボロボロになるまで使った参考書だけど)
どうせ東大の文系数学で差がつくのは、長い文書を読ませる文章題の、確率漸化式か整数の問題だし(笑)、模試問や過去問でやりこむのが最短ルートな気がしますね。
青チャートに一対一に新スタ演をありきで勉強プランを考えるのは、数学に力を入れすぎる気がします。
Posted by ロボたいしょう at 2016年06月14日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: