2016年10月15日

経済学メモ

やっぱりケインズが最高の経済学者なんやな、って

20161015125635621.jpg


ケインズは、経済はしょせん人間のやることだから合理的ではないとわかっていたし、熱狂や恐怖が株価を支配するということも分かっていた。
本質的な価値から離れても株価は美人投票だということも分かっていた。
経済が危機にある時は、長期的に自然調整されるのを待つのではなく、人為的に介入することも必要だとした。
(長期的には我々は皆死んでいる)


ハイエクはリバタリアン的な市場万能を唱えているように感じられるが、実際にはケインズと同じように人間の限界を強く感じていた。
彼は人為的に介入することが可能というエリート主義を否定し、市場にまかせた方がまだマシと言ったに過ぎなかった。


フリードマンとロバートルーカスは、経済学を、社会科学からより自然科学的な性質の強い学問にしようとした。
個人個人の行動を数学的にシミュレーションする(合理的主体の仮説)ことで経済全体についての一般的な法則性を示し、ケインズを葬った。
⇒様々なマクロ政策について数学的な予測を可能としたが、全ての主体(個人)が経済合理的に行動することはありえず、批判も多い。


posted by ロボたいしょう at 13:09 | Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどくいい加減で生半可な理解ですね。
付け焼き刃の知識で分かったようなことを書いてるとアホだと思われますよ。
誤りが多すぎて指摘はしきれませんが、それぞれの学者の原典をきちんと読むこと、合わせて『経済学の歴史』根井雅弘、『経済学史』早坂忠くらいのきちんとした学術的概説書は読んでから書きなさい
所詮は非経済学部出身のほとんど学問とは縁のない人間の書いたものとしてもこれはひどい
Posted by at 2016年10月22日 05:49
この記事の記載は下記の本を下敷きに私の目線と理解て備忘用にまとめたものです。

経済学者の栄光と敗北 ケインズからクルーグマンまで14人の物語 (朝日新書) http://www.amazon.co.jp/dp/402273499X/ref=cm_sw_r_tw_awdl_x_0-edybB7RR4C1

上記の本を通した理解では不十分とのご指摘ありがとうございました。
つきましては原典を全て読み正しく経済学を理解されている貴君による経済学史の概略を書いていただけますと、きっと私以外の多くの素人にとっても大変有意義なことだと思います。
学問を専門にして経済学にも詳しい貴君にしか出来ない大事な事だと思いますので是非ご検討下さい。
(もし既に経済学の著書があるのであれば私が買ってレビューさせていただきますのでご教示下さい)
Posted by たいしょう at 2016年10月23日 15:03
経済学専攻でも統計とか計量の勉強の方が大事だから、経済学史なんて歴史コースじゃ無い限りちゃんと勉強しないでしょ
新書程度の理解があれば十分でそれ以上追っかける分野じゃないよ


どの本でも悪者扱いされてるフリードマンくんかわいそう(KONAMI)
Posted by げりべん丸 at 2016年10月24日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: