2016年12月18日

スマートライフとは住むことと見つけたり

私は引越しをします(部屋は決めました)。

家を探すということは、どういうライフスタイルを望むかということと表裏一体です。
オシャレなスイーツライフを送りたいなら、自由が丘や代官山、吉祥寺を選ぶでしょう。
蒲田や新小岩に住んでもオシャレライフは手に入りません。

部屋を決める時に一番考えなくてはいけないことは、部屋を決めるのは何かと何かのトレードオフだということです。
不動産探しはトレードオフです。

誰だって、自分の勤務地に近い方がいいと思っていますし、
部屋は新しい方がいい。広い方がいいし駅距離は近くて、でも静かな場所だけど自分が行きたい店は近い方がいい・・・


通勤時間の問題はスマートライフの本質です。
通勤時間が遠い場所を選べば家賃は安くなり、近い場所は家賃が高い。
通勤時間は追加的な労働であることを意味します。

会社まで20分かかるところAと、80分かかるところBのどちらかに住むことを考えましょう。
Bに住むと月に40時間、余計に通勤時間がかかります。
あなたの給料が、時給3000円相当だとすれば、Bに住むことで家賃が12万円程度安くなる必要があります。

朝晩に1時間追加の労働をしてさらに金を稼ぎたい(Bに住む)か、それともそうしたくない(Aに住む)かを考えることがスマートライフの第一歩です。

そしてスマートライフとは、当然Aに住むことです。
モノを減らして狭い部屋に住む代わりに会社から近い場所に暮らす。
春日部に一戸建てを買うのはもう止めにしましょう。これからのスマートライフは職住近接です。

posted by ロボたいしょう at 22:05 | Comment(0) | スマートライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: