2018年04月27日

打順考(三番打者)

打順の中で実は重要ではないのが三番打者。
セイバーメトリクス的に解説します。

三番打者といえば王貞治にベーブルースと歴代最強打者のイメージの強い打順です。
一方で、三番打者に求められるイメージといえば、イチローや日ハム近藤と言ったアベレージヒッターのそれか、もしくはトリプルスリーの走攻守揃った名選手というイメージでしょう。

しかし、実は三番打者はそれほどには重要ではありません。
打順の中で、出塁率が3割強とした場合、
ツーアウトランナーなしで回ってくる可能性が約半分、残りの約半分はワンアウト1塁で、これはノーアウトランナーなし程度の重要性(普通)の局面です。

それに比べて二番打者は、ワンアウトランナーなし、もしくはノーアウト1塁のチャンスで打順が回ってくるため、
(計算をすれば)二番打者の方が平均的に重要な局面で打順が回ってくることが知られています。

また、シーズン総打席数で考えても、二番打者と三番打者では二番打者に16打席程度、多く回ってくることから、
常に、三番打者よりも二番打者により良い打者を置くべきであることが明らかに言えます。
その点で、三番打者最強説は明らかに間違っていると言えます。
(なお四番打者最強説は間違いとは言えません)


ではどのようなバッターが望ましいのでしょうか。
The Bookの分析によれば、124番に強いバッターをまず置き、残りの中で強い2人を3と5に置くのが良いとされています。
その中でも、3番打者の役割はツーアウトランナーなしから点を入れること(この局面では単なる出塁の得点期待値は極めて低い)、ワンアウトランナー一塁の場面から得点を入れること、が期待されます。

つまり、最も3番打者に適しているのは、ホームランを打てるにも関わらず、それほど良くない打者(四球が少なく三振が多い)
といつことになります。今までこういうバッターは5番や6番に置かれることが多かったのではないでしょうか?

2017シーズンで言えば、
SB松田、ハム大田あたりの、20本前後打っていて、かつ三振王に近い、四球を選べないバッター
が、チームで4〜5番目に優れるバッターとして適任でしょう。


回ってくる場面の重要性、シーズン打席数の両方から、三番打者よりも常に二番打者が大切であることが分かりました。
また、イメージとは反対に三振かホームランかの扇風機タイプの選手で、あまり四球を選べない選手が好ましいことが分かりました。

これらの点について、多くのチームの打線作りは明らかに間違っています。
日ハムも早く近藤三番はやめてもらえないかなあ・・・(1番向いてない)
posted by ロボたいしょう at 18:57 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

打順考(1番打者)

打順について再び考えている。
結論としては、
1番が塁に出て、2345でとにかく返す。
このクリンナップ2345番理論と、
逆に6番打者を(他の人よりも)かなり低く評価する。
簡単なシミュレーションではこういう結論になった。


1番打者は
シーズン打席数が最も多いこと、
必ずノーアウトランナーなしで打席に立つこと
が大きな特徴である。
役割としては、とにかく塁に出て、ノーアウト1塁の状況を作って次のバッターに回すことである。(出塁率の重視)
このケースは単打と四球で差がないケースであり、四球率の高い選手が求められる。

ゲームの途中でホームランを打つと平均的には2点弱入る(シミュレーションでは)はずだが、
先頭打者HRでは1点しか入らない。
1番打者の場合、4打席あるとしたら4回に1回はソロホームランが出てしまうため、HRによる打点で多少損をしてしまう。


出塁率について考える際、打率の高い選手を事前に知ることは出来ない(BABIP)と考えると、
出塁率を決定するのは四球、三振、HR数であり、HR出塁は不適切と考えると、以下のような指標を考える。(計算式は割愛)

リードオフマン指数
= (2 * BB - K - HR)/打席

BBは四球、Kは三振。

この指数で言うとアヘ単・選球眼・三振しない
タイプの選手が好まれる。
2017年では、鳥谷、角中、中村晃など。

OPSは出塁率が過小評価なので、OPSでは多少物足りなく見えるかもしれないが、
アウトにならずに多くの選手に打席を回すことを考えるとこういった選手を1番に置くことがもっと見直されても良いと思う。

次はよく論争になる二番打者について。
posted by ロボたいしょう at 18:53 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

日ハム野手情報 2017開幕

野手二軍成績の振り返り そしてラストチャンス鵜久森
http://sitake.seesaa.net/article/416837133.html

日ハム2軍野手情報
http://sitake.seesaa.net/article/436094745.html

の続編。日ハム野手の2軍情報です。

まずは日ハムから出ていった人たちの二軍成績。
鵜久森&石川
ugumori_ishikawa.png

『ハムの天才野手は、高卒二年目を終えてOPSが.850を超える』
の条件をそれなりに満たしていましたが、一軍定着は叶いませんでした。

それでは今回も二軍成績を見ていきましょう。



続きを読む
posted by ロボたいしょう at 20:30 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

日ハム優勝した!!

日ハム、日本シリーズ優勝おめでとう!!!!

分析結果は後で公開しますが、私家版MVPはバースが受賞しました。
個人的にもバースはダメ押しのタイムリー打ってたりして印象深かった。
posted by ロボたいしょう at 23:21 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

神ってる誠也、現人神大谷

やっと1勝返しました
日ハムは大谷だけのチームとか言われるけど、当たり前だよなあ?

posted by ロボたいしょう at 07:36 | Comment(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

日ハム選手WAR2016 BABIP調整

やっぱりBABIP調整が必要かなと思うので調整版

打者のBABIPを、リーグ平均との差を1/3まで丸めた時の成績に調整しています。
リーグBABIPが300のとき、打者BABIPが360なら320まで成績を丸めるイメージです。
打者のBABIPはおおむね前年の1/3程度の影響が翌年にある(走力や打球性質の関係でBABIPは完全に無相関なわけではない)
と考えています。
今年BABIPが高かった西川、大谷、陽などは来年成績が落ちることを見越した成績ということです。
西川、陽はWARが下がり、レアード、中田が順位を上げています。
これを見る限り陽のFA流出は避けられ無さそうですね。。

2016日ハム野手babip補正.png

2016日ハム投手.png

2016日ハムWAR_babip.png

posted by ロボたいしょう at 22:19 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016日ハム選手WAR振り返り

http://1point02.jp/op/index.aspx
DeltaのWARはちょっと数字が高すぎる気がするのでいつもの通り私家版を作りました。

打撃はヌルデータのXR+、
守備のポジション補正とUZRはデルタのもの
投手はヌルデータのFIPを利用しています。
そのうちデータ買ったらtRAとかで出したいと思います。

野手はUZR全ポジション一位の西川が大活躍。
2016日ハム野手.png


投手はリリーフをWAR1.5倍調整しています。
マーティンが神の活躍、有原高梨増井もローテを守りましたが、加藤も頑張った。
2016日ハム投手.png


大谷が投打で大活躍。
2016日ハムWAR.png
posted by ロボたいしょう at 00:34 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

絶対勝つぞファイターズ!

今日西武ドームのチケット買いました、勝利投手大谷胴上げの瞬間を見届けます。
posted by ロボたいしょう at 07:42 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

打順再考

好打者の打順は手前に寄せろ
http://sitake.seesaa.net/s/article/413275164.html
の再考

2番打者には強打者を… よく聞く説の根拠とは?
http://full-count.jp/2015/08/07/post15318/
を読んで考え直しました。

2番>3番
打者を守れとのこと。
3番打者は2アウトで回ってくる可能性が高いため、3番打者最強はあまり意味がない。

2番打者については、そもそもバント専を2番打者にするべきではない。
バントの善し悪しを別としても1番打者の出塁率は4割程度なわけで、そうでない6割で打力の劣る2番打者を使うべきではない。

そしてゲーム全体で打者の総数を増やすことが大切なので、出塁率を高い選手ほど前に寄せる。
ということで日ハムの打線はこんな感じ?


大谷
西川
レアード
田中
中田
谷口
大野(市川)
中島
こんなもん。

現実的には
大谷
西川

中田
レアード
田中賢
谷口
大野
中島
こんな感じ?

1番大谷or2番大谷ってのはその良さがわかりやすい。
併殺が少ないし、みんな大谷の打席を一つでも多く見たがっている。
みんなが見たがる打者を手前に持ってこようということだ。

2番中島、2番杉谷は絶対やめて欲しい、
陽でも田中賢介でも、誰でも居るのにって思う。

posted by ロボたいしょう at 07:56 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

空前絶後の二刀流、大谷翔平は投打に専念すべきか?

結論:専念するべきではない

大谷の成績を分析すると、打者専念と投手専念でどっちもWAR5.0くらいの計算。

現在の打撃成績はBABIPで相当上乗せされているので、平均並みのBABIPとしたときにはOPS1.000弱の指名打者といったところ。
一方投げては、防御率2点近傍の13勝7敗180投球回エース。

要するに大変甲乙つけ難い成績ということだ。(どちらかに専念する前提で今の打撃成績なら、打者専念して外野を守るようにした方がちょっとだけ良いかもしれない)

しかし驚くべきことに二刀流で3日打者週1ローテすることでWAR7.5となり、筒香・柳田を超える貢献度になる。

今年の投打の成績ではどちらに専念すると良いとは言えない。どちらもチームの優勝に直結するくらいの超一流選手だからだ。大谷打者専念論も出てるけど、やはり先発層の薄さを考えると早期の投手復帰(と裏ローテでは打者出場)が求められるように思う。

しかしここから全打席1番打者起用すれば、角中次第だけど首位打者(規定未到達の規定適用で)の可能性もあるんだよなあ。
2ケタ勝利、首位打者、30本塁打、を両立させる可能性があるのが恐ろしい。


なお、過去の記事
大谷翔平 二刀流の現状と理想形は?
http://sitake.seesaa.net/s/article/404962775.html
では、二刀流の完成形を、

27先発 200回 防御率2.50 15勝7敗 200奪三振 
106試合 446打席(規定到達) .320 25本塁打 70打点 OPS.970
WAR8.5(投+6.0、打+3.9、守-1.4) 沢村賞 首位打者

と書いていたが、もはやこの完成形が(これを上回る形で)現実のものとなりつつある。

posted by ロボたいしょう at 22:21 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

oh... 日ハム

昨日のバース酷すぎる、、、
牽制球暴投二失点って、何なんだ

年俸1億円なんだから活躍しちくり〜

有原ケガ、中継ぎ陣出遅れ、近藤ケガ、浅間ケガ、岡ケガ
冴えない打撃陣とだんだん暗黒度が高まってきている。

絶対勝ってよファイターズ!
posted by ロボたいしょう at 07:35 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

日ハム2軍野手情報


野手二軍成績の振り返り そしてラストチャンス鵜久森
http://sitake.seesaa.net/article/416837133.html

の再放送。

谷口石川慎吾論争に決着付くか?
二軍野手情報.png

石川やな

続きを読む
posted by ロボたいしょう at 17:34 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

今年のパ・リーグ新人王は

高梨で決まり!!!

鎌ヶ谷ファイヤーズの育てた三振王よ!!!
(三振じゃないとアウトが取れない的な意味で)

去年から待望論こそあった(少なくともオレの中では)ものの、ロッテ相手に顔見せだけ。

ファームで頑張った分、思う存分今年は暴れてほしい!
使いたくなるのはわかるけど、中継ぎじゃもったいない!

目指せ日ハムから二年連続新人王!!


てか(新人王候補だったはずの)上沢浦野コンビどーこ消えたんですかね、、、

posted by ロボたいしょう at 23:44 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

2015シーズンWAR


開幕三連戦はかなり微妙でしたね・・・
今更アンド今更ながら、2015年のWAR表を作りました。全選手の合計点が、一定になるように調整しているので、他社のWARにくらべて若干厳しめだと思います。。

セリーグベストメンバー.png

パリーグベストメンバー.png

war打者.png

war投手.png

war総合.png

posted by ロボたいしょう at 22:52 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

2016シーズン順位予想


なんとか開幕までには間に合った

まずはパリーグ

去年は、
檻・鷹・ハム・西武・楽天・ロッテ
と予想して大外ししましたが・・・

今年は
1.ソフトバンク 選手層すごすぎてマジでV10しそう。松田に消えて欲しかった
2.日本ハム セリーグに移籍したい。放出しないのが最大の補強
3.西武 打線はかなり強いと思う。Bクラスの面々とは差が付きそう
----Aクラスはこれで結構堅いと思う----
4.ロッテ クルーズ居なくなって大丈夫?
5.オリックス 金子千尋が戻ってくるはずだけど安達の潰瘍性大腸炎が心配
6.楽天 監督が変わったので高評価してる人多いけど、選手層はこんなもんでしょ
Bクラスは結構混戦になると思う。


セリーグ

どのチームもめちゃくちゃ弱そう・・・
1.巨人 野球賭博問題でどう考えてもそれどころでは無さそうだが、強いものは強い
2.広島 マエケンの居た去年が最大のチャンスだったが活かせず。戦力的にはトップだったのは疑う余地なく、マエケン抜きでも戦力はやはり上位。
3.ヤクルト 去年そもそもなぜ優勝できたのかが不明。殴り勝つチームを地で行くが、バーネット不在で投手陣は相当やばい。
----壁----
4.阪神 新監督の話題で上位に付けている解説者も多いが、マートンとオスンファンの穴が本当に埋まるのかどうかが不明。去年得失点差マイナスで3位につけてたのが異常。
5.中日 明るい話題が無い
6.横浜 ベンチから配球指示は本当に実践されるだろうか?攻撃・守備・投手が3拍子そろって弱い。


posted by ロボたいしょう at 00:05 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

2015年デプスチャート

なんとか2016年の開幕に間に合いました

各ポジションで最もWARが高い選手でデプスチャートを作りました。
打者はヌルデータのXR+とBABIPによる打撃補正、守備は守備位置による補正のみ(UZRなどは使っていません)
投手はFIPとリリーフに対する加点で算出しています。

セリーグ
東京.png

続きを読む
posted by ロボたいしょう at 00:00 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ハム西川はさすがに叩かれすぎ&背番号入れ替えについて

某ポリー速報なんかを見ていると、ハム西川アンチが結構いるみたいなのだが、
西川の成績ちゃんと見てんの???
と言いたくなる


続きを読む
posted by ロボたいしょう at 22:32 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

日ハム過去10年のドラフト振り返り&採点

簡易的なWAR(チームへの勝利貢献数)を用いてドラフトの振り返りと採点をします。

結果はこちら
ドラフト振り返り.png

成績は2006年から(ヌルデータ)の各年度データを使い、

打者評価は
+XRWIN(リーグ平均に対する超過の得点創出)
+出場ボーナス(打席数加点、その選手が試合に沢山出ることで、2軍レベルの選手を使わずに済んだという調整)
の数字を使いました。
チーム全打席の1/9を立った時に+1.5勝程度になるように調整しています。
本来は守備成績やポジション補正(特に捕手)も大事なのですが、個別の寸評で補正します。


続きを読む
posted by ロボたいしょう at 23:44 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

パ・リーグの終焉

8.5ゲーム差のソフトバンク相手に、大谷中10ローテまでして当てたものの、無事7失点して、パ・リーグは終戦した模様。

ソフトバンク強すぎだろ!アホか!

今シーズンの残りの楽しみは個人成績か
・中田30本
・近藤の規定打席到達とその成績
・レアードの最終成績
・岡、有原の新人王なるか?
・大谷の勝利数、沢村賞

posted by ロボたいしょう at 20:43 | Comment(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

中継ぎ・投手分業制の歴史(調べかけ)

打者の起用法は昔から今までそう変わらないのだが、
投手の起用法については昔と今では全然違っている。
調べかけ。

61 権藤権藤雨権藤(投手酷使の代表)

「救援投手」の黎明期
65 宮田 「8時半の男」
66 板東英二 中継ぎ転向

転換点
(74 長嶋茂雄引退 球史の象徴的な出来事として)
74 最多セーブ記録導入
75 カープ監督ジョールーツ 投手ローテーション制導入「外木場、池谷、佐伯」
77 江夏と野村の中継ぎ転向

現代野球はいつから?
79 江川卓プロ入り
83 山本昌プロ入り・・・現役最年長
85年 NHKトリオ・・・『7回8回9回の分業制』

投手ローテーション制の定義はいろいろあると思うが、
1先発投手を中継ぎ待機させない
2少なくとも3人以上で先発をローテーションしている
3先発投手の連投がない(先発投手が次の日に投げない)
くらいは最低限必要かな?
posted by ロボたいしょう at 15:30 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする