2014年03月14日

日ハム、強いぞ強過ぎる 課題はキューバ人大砲だけ!

いや〜オープン戦強過ぎる

ポジ総括

先発
ローテから溢れるほどの先発候補

吉川、表ローテの一番手で回るのはかなりキツいのは容易に想像できるものの、暗黒エース()として投球回を稼いで欲しい。

上沢はもうローテ確定でしょう。今年の新人王あるで。夏以降失速する気もするが、
FIP3付近で120回投げてWAR2.5くらいを期待!

メンドーサも遂にコツを掴んだよう。一億円ピッチャーはウルフ以上の活躍を、吉川上沢とのトリプルエースを期待します!
(FIP3.75,WAR3,12勝8敗 投球回160)

木佐貫も西武戦好調。武田勝には調子良くなるまで調整を期待したくなる。

明日の中日戦で投げるドラ2浦野が個人的には期待大。
ここまでの投球を見る限りでは極めて良好。テンポも良く投球回も食えそう。
中継ぎ説も出ているが勝が復調するまでは絶対にやめて欲しい。どれほど良い中継ぎでもそれほど投球回は稼げない。良いピッチャーほど先発に回すべき。
去年最大の反省は先発ローテが崩壊したまま中継ぎ酷使を続けて総崩れになったことで、まず先発無くして試合は無しということを頭において欲しいと思う。
FIP4点付近で100回は投げて欲しいですね。

ここまでで、
吉川、木佐貫、メンドーサ、上沢、浦野
の5人。

悩ましいのは打って投げて活躍の大谷。先発ローテ専念を宣言されている以上、投手優先とは思うが如何に。大砲に欠けるチーム事情によってはDH専念でローテは1週間飛ばしもありうるのでは?
(さいてょと隔週ローテする)

個人的には、さいてょはシーズン始まったらかなり悪そうなので見たくはないかなと言う感じ。
上沢、浦野がダメで、木佐貫勝メンドーサが欠けたくらいで救世主として上がってくれば十分嬉しいかな。

中継ぎ
どうにでもなる
クロッタは投げる球は良いのに打たれがち。しばらく調整が必要か。

打線
ライトレフトの悲報が嬉しい悲鳴へ。
中田は十分修正可能。
問題は二人のキューバ人か

ライトレフトの穴は有力な順に

谷口、岡。
ガッフェの寵愛を見るにこの二人が有力か。
そこからは、北、サトケンに期待。
特に北は西武戦でもサヨナラ打を打つなど期待〇

杉谷も好調。
村田とうぐは一生鎌ヶ谷に幽閉してどうぞ。
また稲葉、小谷野、赤田も後ろに控える。
同じ日替わりライトでも去年よりは楽しませてくれそう。
谷口と岡はOPS.700台期待

内野ファイヤーフォーメーションについても、西川セカンド大引ショートで安定しそう。中島はもうちょっと頑張れ。

問題はファーストとDH。
いくら大谷が打てると言えどもDHには力不足だろう。
またファーストも稲葉や北が守っており、調子次第では彼らもありうるが、はっきり言って長打力が不足するのは目に見える。

鈍足の二人はハムの超機動力打線には不要との声もあるが、やはり二人のキューバ人こそが一番の鍵になるだろう。
言ってしまえば外野については誰がそこそこ打ってもそこそこ程度。
ファーストやDHは打てれば打線の要となる存在。
オープン戦前は全く心配されていなかったキューバ人が心配されるとは先発や外野候補充実の裏返しではなかろうか(ポジッ)

中田翔は70HR待ったなし!!

posted by ロボたいしょう at 19:29 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

日ハムはキューバ人が活躍すれば2位堅いな

メンドーサいけるやん!
吉川、浦野、メンドーサ、上沢、大谷
木佐貫と勝はどっちか悪い方は開幕後まで調整しても十分
ここに一応、てょ・谷元・クロッタは候補に残るだろう。

日替わりライト問題も谷口・岡で当面解決、北・杉谷も好調。稲葉や小谷野も控える。
ここにミランダとアブレイユが活躍してくれれば全ての穴は埋まるんやないか?
むしろ今一番問題なのはキューバ人二人が活躍できるかどうか、それが2位への条件
posted by ロボたいしょう at 00:05 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

バントの有用性

送りバントはするべきか、せざるべきか。

高校野球のイメージや、「人生送りバント」に代表されるように、
『バントはチームプレーのために個人を犠牲にする』
というような美徳的行為の印象があり、一方で
『メジャーリーグは個人プレーが主流でバントはしない』
という先入観を持つ人は多いだろう。

一方で、セイバーメトリクス(統計)的観点から言うと
「野球はアウトカウント27になるまでに点数を稼ぐゲームであり、送りバントはアウトカウントを増やすだけなので期待値の観点からは無意味」
というマネーボールの記述からもわかるように、バントにはかなり否定的な意見が見られる。

もちろん短期決戦であるとか9回で1点さえ取れれば勝てる というシチュエーションならともかく、
何も制約がない状態であれば、チームプレーだろうが個人プレーだろうが得点期待値の高い戦略を取るべきだと思う。

本来であればきちんとしたデータを元に考えるべきなのだろうが、ここでは
無死〜二死、走者1塁〜満塁までの、昔のメジャーリーグの得点期待値データ
http://baseballconcrete.web.fc2.com/basics.html
を利用し簡単に思考実験をしてみよう。

・バントをする場合は100%成功し、アウトカウントが1つ増えてランナーは全員1つ塁が進む
・バントをしない場合は、
(打撃成功)本人は1つ塁を進む、ランナーも全員1つ塁を進む
(打撃失敗)アウトカウントが1つ増える
のどちらかが、出塁率程度の確率で発生すると考えて概算する。

ちなみに、違反球(統一球)の影響でメジャーの数値よりも1点を取ることが難しくなり、1点を確実に取る戦略の価値が上がっていると考えられることや、
期待値が同じであれば確実に点を取る方がリスク回避的な効用関数上で優れていることから、バントに対してはかなり好意的な解釈をしたいと思う。
(しかしそれでも多くの場合バントは不利で、バントが特になるような打力の選手をスタメンで起用するべきではない)
(ただし例外があり、ノーアウト2塁の時と、ノーアウト12塁の時は、1アウト3塁の状況の得点価値が極めて高いためにバントが許容される(特にノーアウト12塁の場合は『バントが成功するなら』価値が高い))

走者無し・無死・・・得点期待値0.46

☆無死一塁でバントすべきかどうか(得点期待値0.81)
バント・・・一死二塁 期待値0.67
成功・・・無死一二塁 期待値1.47
失敗・・・一死一塁 期待値0.49

打った時の成功率が0.2、つまりここで概算するに出塁率は0.2がバント収支のボーダーになる。
実際にはチームはリスク回避的に動くと考えても差し支えないだろうから、
出塁率0.250、OPS0.500を切るバッターだとバントしても不利益にはならないと思われる。
つまり、日ハムで言えば、杉谷にバントさせるのはぎりぎりわかるが大引にバントはまちがっている。

☆一死一塁についていえば(期待値省略)
→2アウトになるときの期待値の低下が非常に大きい

打った時の成功率が0.12のときバントすべき。
贔屓目にみても出塁率0.2、OPSで言えば0.4を切る選手。
ということはつまりそんなレベルの選手は出すべきではない。
ピッチャーならありか? 一死二塁も同様で、一死の場合はほぼバントは検討に値しないと思われる。

☆無死二塁(期待値1.19)
バント 一死三塁(0.98)
成功 無死一三塁(1.94)
失敗 一死二塁(0.67)

無死2塁の場合はサードにランナーを進める意義が大きく、
攻撃時の成功率0.245未満ならバントが許容される。
リスク回避的に動くとすれば
出塁率0.3、OPS.600程度のバッターならぎりぎりバントが許容される形になると思われるので、
ハム中島くらいならバントが許容できることになる。
逆に0PS.650の大引や小谷野、鶴岡にバントをさせるのは若干疑問が残るかもしれない。
が、とにかくよく見る形でバントが有意義であると考えられる場面である。

☆無死12塁の場合
→バントして一死23塁にする価値が高い。
(無死12塁の期待値は1.47だが、一死23塁の期待値は1.56である
つまり、これはバントを決めれば得点期待値が上がるということを意味し、
他の場合の「バントを決めると得点期待値は下がるが、1点が入る確率が上がる」という取引とは全くことなる攻撃的な戦略となる)

打って満塁になっても期待値は2.22にしかならないため、
打って成功率0.48以上の時には攻撃をするのが、成功率0.48以下のときにはバントするとよい。

甘目にみても出塁率0.45未満(≒OPS.900未満)の選手ならばバントした方がよいことになる。
ということはつまりほとんどの球団においては4番バッター以外ならばバントを選択する方が期待値が高い。
ランナー12塁という難しい状況下でバントを決められる選手の場合にはかなり意味があるかもしれない。

結論
☆一死三塁は得点期待値が≒1点であるため、戦略上極めて価値が高い状況である。
よって無死二塁から一死三塁を作るバントはOPS600程度の選手までならすんなり許容できそうである。
イメージ上の小技が上手い2番バッターや下位打線のバッターであればバントの価値がありそうだ。

☆一方で無死一塁や、一死の状況全般からのバントは価値が低い。
特に無死一塁のバントは良く見る状況だが、OPS.500程度の選手でしか許容できそうになく、そのような選手を使うべきかどうか疑問が残る上、一死全般はほぼ投手にしかバントが許されない状況と考えて良いだろう。

☆また無死一二塁から一死二三塁を作るバントに限りバントで期待値がプラスになるため、
攻撃成功率0.45≒出塁率0.450≒OPS.900程度のスラッガーでなければバントが正解となる。
バントが上手な選手であれば、積極的に試みるのが良い。


posted by ロボたいしょう at 23:59 | Comment(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

先発ローテとエースの定義、FIPとWARから

走り書き程度だが
防御率はかなり運にも左右されるのでFIPの方がブレが小さいと思われるのでFIPで評価

☆エース☆
FIP3点近傍、投球回180回近傍、26 試合先発
WAR5 貯金6 20試合に勝ち負けが付くと、基本的には13勝7敗くらいで回る

イメージされる投手
メッセ、菅野、マエケン、小川、やや格落ちで摂津
違反球時代の吉川もエースだった

☆準エース☆
FIP3.5近傍、投球回160回、26試合先発
WAR3.5 貯金3 ローテ全体では貯金4
20試合に勝ち負けが付くと、11勝9敗〜12勝8敗でぎりぎり2桁乗るくらい

吉川、岸・十亀、則本、西
スタンリッジ、大野、(系統は違うが藤浪・西野・菊池雄星…FIP3だがイニングが食えてない)
澤村、内海、能見あたりもぎりぎりここ

☆表ローテ☆
FIP3.75〜4.00 投球回130回、22試合
WAR2.5 貯金1 ローテ全体では貯金2
WAR換算2.5 五分五分で回れれば上出来、9勝8敗くらいで出来上がれば満足でしょう。
ここの戦力の厚みが投手力と言っても過言ではない。。ローテを守ることがいかに大切か教えてくれる。

木佐貫、ウルフ、牧田、唐川、ディクソン、(古谷…イニングが食えてない)
イニングイーターになれるPは意外に少ないのが感想

★裏ローテ★
FIP4〜4.5 投球回100回…多分これくらいのPは100回も投げない 先発18回
WAR1.5 本人の借金1 ローテ全体では借金2くらい
7勝8敗くらいで回ることになるはず。
武田勝、野上、帆足、美馬、ぎりぎり松葉

★数合わせ★
FIP4.5超だが5にはとどかないレベル 投球回 70回程度…12回先発
WAR0.5 本人の借金は1、ローテとして回した時には借金3〜4
どんなに悪くてもこれ以下のPが先発しないことが極めて重要に感じる
日ハムでいうと5番手を投げた谷元、大谷程度

・投げる敗退行為
FIP5を超える投手はちょうど二軍レベルのピッチャーであり、
WARが0もしくはマイナスになる選手 ローテとしては(このレベルのPが24試合先発すると)借金が5程度に。
このレベルのピッチャーが先発するのが一番投手ローテ崩壊を感じさせる。
去年はローテ6番手がどうしてもマグヌス、ケッペル、トーマスあたりに投げさせざるを得ず、
ここを谷元で埋めているだけでもう1勝、2勝は出来たと思われる。
というか鍵谷とか矢貫とか石井とか、いくらでも中継ぎが居たんだから先発転向させるべきだった。と思う。

ことしは上沢が去年の木佐貫くらい投げてブレイクしてくれるといいなぁ。。
posted by ロボたいしょう at 23:47 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

10勝しても10敗する投手は本当に要らないのか?

やっぱり門倉ってクソだわ

10勝しても10敗するのでは勝利に貢献していない…とされるこのセリフ。
セイバーメトリクスの観点から、10勝して10敗する投手の貢献度が、
リプレイスメントレベル(控え選手)を考えた場合にそれなりにあること、
そして適当な年俸がおおよそ1億弱程度であることを示す。

・まず、控え選手の能力を考える。
ここで試合は144試合、得点・失点は平均600点とする。(おおむねリーグ平均得点率/失点率が4.1程度とお考えるとこんなもん)

ピタゴラス勝率
(勝率=得点^2/(得点^2+失点^2))
を考えると、600点ずつ得点・失点するチームの勝率は50%である(当たり前だ)

控えレベルの選手は、打者の得点力で言えば2割減、投手の失点阻止力で言えば2割減らしいので、
投手の防御率で言えば平均的なPが4点の時、控えレベルのPの防御率は4.8程度になる。
(これはまぁ直感的にそんなもんだろうと思う。)

全員が控えレベルの時、得点は600*0.8=480点、失点は600*1.2=720点となる。
この時ピタゴラス勝率は30%となり、144試合のうち44勝100敗となる。

どんなに弱いチームで、100敗待ったなし状態だったとしても現実にはなかなか100敗しないのは、
全員が控えレベルだとしても100敗しかしないこと、が理由かもしれない。

この、44勝100敗状態から、何勝を上積みできるか
それがWAR(Wins Above Replacement)という指標である。
リーグ平均に比べて何勝が上積みできたかを示すRSWINなどとは異なることに注意。

・リーグ平均選手のWAR
一番シンプルに考えると、
全員が控え(WAR=0)状態であれば44勝
全員がリーグ平均状態であれば72勝である。
28勝を18人で獲得したとすると、(打者9人、投手9人(先発6人&中継ぎ3人とする))
一人当たりのWARは1.55となる。リーグ平均選手についてはおおむねWAR=1.5とみて良いだろう。

・リーグ平均投手のWAR
平均防御率が4とする(2013シーズン実績に比べるとやや高いが)
簡便のため、180イニング投げるとする。
控え投手は5とする。(まぁこんなもんだろう)
その時、リーグ平均投手は4*20=80点を失うことになる。
一方で控え投手は5*20=100点を失う。
すると控え投手に比べて20点の失点を、リーグ平均投手は阻止したことになる。

ピタゴラス勝率の式に当てはめれば、おおむね10点の得点阻止or10点の得点追加で1勝が上積みされることになる。
よってリーグ平均投手が1年ローテを守ることで、WARにして1.5〜2勝分の価値があることがわかる。

・リーグ平均との比較
リーグ平均Pが投げたとしても72勝72敗からの上積みは見られないだろう。
あるピッチャーが投げることによって、リーグ平均のピッチャーが投げた場合に比べて、
何点の失点を防いだか、を示す指標がRSAAである(ヌルデータでみられる)
そしてRSAAを勝ち数に換算したものがRSWINであり、おおむねRSAAを10で割ればRSWINになる。

・10勝して10敗する投手
10勝して10敗する投手は確かに72勝72敗からの上積みをしてくれないかもしれないが、
10勝して10敗する投手が居なくなった時に投げるのはそれよりも悪い控えピッチャーなのである。
44勝からの積み上げを考えたとき、10勝して10敗する投手の重要性が理解してもらえるだろう。

・適切な年俸
セイバーメトリクスマガジン2によれば、WAR1(44勝からの上積み1勝)に対する平均は5000万強くらいのようだ。
ここで10勝して10敗する投手を考えると、WAR1.5〜2であり適切年俸は7500万円〜1億ちょっとと言ったところになるようだ。
平均的なリーグ平均選手のWARが1.5になることを考えると、平均選手の年俸が7500万〜1億程度に収束することに不思議はないだろう。

・10勝しても10敗する投手 カープ大竹
防御率こそ3.37だが、FIPは3.89であり、ほぼリーグ平均と言える。
勝敗数もちょうど10勝10敗で、2013年の年俸も1億円だった。
巨人では3年5億の契約だが、若干割高に感じる。

・24勝して0敗する投手 田中マー
田中マーがどれだけすごい投手と言っても、毎日出られるわけではないのでWARには限界がある。
田中マーの投球回は212回で、ほぼ全てのイニングの1/6を投げた計算になる。
リーグ平均の失点率を3.8とすると、そのイニングを投げる平均的な投手は91点を失点することになる。
マーの防御率は1点台だが、FIPやDIPSは、2.3であり、リーグ平均に比べて1.5点*24程度の上積みとなる。
よって36点程度が上積みされることで、平均に比べて得られる勝ち数は4勝となる。
(※12勝12敗の選手が4勝を上積みすると16勝8敗になる)

平均選手に比べると控え選手は1.2倍の失点をするため、控え選手は20点程度失い、控えに比べると平均選手は2勝を上積みすることになる。
つまり田中のWARは概算ベースで6勝となり、田中を失った楽天は何もしなければ貯金を12失うだろう。

・結論
やっぱり10勝しても10敗する投手は強い(確信)
でも門倉はいらない
posted by ロボたいしょう at 01:35 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

セイバー指標これは見ろ

備忘もかねて

WAR…控え選手の出場に比べて何勝を上積みしたか 野球におけるもっとも総合的な指標、究極の指標と言える
なお24勝したマー君でもWARは8勝。データを入手するのが難しい(買わないと入手できない)

OPS…出塁率+塁打率(長打率)
一番直感的な打撃指標 長打率がややオーバーウエイト気味

GPA…出塁率に補正をかけ、得点との相関性を高めたもの。おおむね打率くらいのスケール感で見ればよい

RC、XR…ある選手が何点の得点を挙げたか見る指標
RCWIN、XRWIN・・・ある選手が出ることで、リーグ平均選手に比べて何勝分の得点を上積みしたか見る指標
守備・走塁については分からないが打撃だけであればWARに相当する指標と言える。
バレンティンが8、ブランコが6、阿部が5 と言えばそんなもんかという気がする

チーム内の選手を見比べて、
こいつスタメンからはずした方がええやろー みたいなのはOPSやGPAを
トップ選手同士の比較にはRCWINを使うのが良いだろう
posted by ロボたいしょう at 00:44 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

今年の日ハムは優勝待ったなしやで〜'ム'

何度考えてもウルフ放出が極めて痛い

来年の先発ローテ
☆吉川 12勝
☆木佐貫 10勝
☆武田勝 10勝
○メンドーサ 9勝
○大谷 9勝
この5人はほぼ確定かつ計算できるローテ入り投手。
吉川〜武田勝までは期待できるFIPは3.5付近で10勝するかしないか候補。
吉川は今年かなり調子も悪く不運もあり7勝15敗だったが本来10勝を計算できるP
残り☆二人もローテを守るには十分だろう。
2年2億契約のメンドーサは昨年までメジャーでローテを守っており、ウルフの代役を務めるには十分。当然2桁勝利も期待したい。
5人目の大谷は2年目は投手専念と思われる。フェニックスリーグでは完全に無双しており、ローテに入るには十分な実力。二刀流が見れないのは残念だがチーム事情でやむなしか。
個人的にはここにウルフが居ないのは非常に残念。崩壊するローテをなんとか守っていただけに… ここにウルフさえ居ればもっとポジれるんだけどもね。

6人目は谷元と先発転向が噂される石井裕也。特に石井裕也はシーズンで中継ぎ回跨ぎ連投で打ち込まれていた印象なので、先発ローテで安定すればもっと彼本来の実力が出せるのではないか。
個人的にはソフトバンク戦、大谷が6回満塁かなんかのピンチで降板してリリーフでしっかりシャットアウトしたのは痺れた。
中村勝の覚醒には若干疑問符。ストレートが加速していない。
多田野は苦しくなってくる夏ごろに出てくれれば万々歳。
斎藤祐樹は先発では無理だろう…

中継ぎは
?浦野
?クロッタ
☆宮西
☆増井
☆武田寿司
?SB藤岡
?TDN
×矢貫
×鍵谷
今年はガッフェが5回で降ろすせいで中継ぎが崩壊したが、本来はそんなに中継ぎが弱いチームではないはず。堪えて先発を6回は必ず引っ張ってくれれば…
浦野、クロッタは未知数、そんなには期待してない。
武田寿司はそろそろマジで劇場から炎上に代わりそうな気もする。
人的補償で獲得したSB藤岡は実力は申し分なく、補強になっている。前半戦は捨てて病気の治療に専念すべきかもしれない。
オールスターですら酷使され続けた矢貫は、応援はしたいが正直もう燃え尽きてしまったのではないか・・・という不安が。一時期は勝ってたら矢貫負けてても矢貫状態だった。せめて起用法だけは確立すべきだった。鍵谷も後半戦全く見かけなかったのがかなり不安材料。
是非ともその不安を払拭してほしいところ。

総合的に、
・先発ローテはメンドーサがコケなければ5人埋まりそう(今年は基本的に4人しか埋まらなかった)ウルフが居れば完璧だった。
・中継ぎはガッフェが酷使しなければそんなに悪いことにはならない・・・はず

バッターについては別の機会に。
posted by ロボたいしょう at 01:52 | Comment(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする