2013年10月15日

シュタインズゲート見ました

ネタバレになるので感想は書かないことにしますが21世紀屈指の名作だと思います
俺のことを信じて、観ましょう!

テンポがいいしラストに向かって怒涛の進行をしていくのが大変素晴らしい
花田十輝のことを俺はまだ許していない(※ローゼンメイデン脚本)ですが、
しかしそれでもなお屈指の名作と言いたい。

俺は作品を評価するうえで、風呂敷をどれだけ広げたか、ということに加えて、どれだけきれいに風呂敷をたためたか、最後に投げっぱなしにしなかったかどうかを重視しています。
ローゼンメイデン トロイメントとかいうのは花田十輝が最後全部投げっぱなしにしてしまったわけです。
作画も微妙でなんとも救いがたい作品になってしまいました

俺が見たアニメはそんなに多くないですが、超有名作品だとハルヒ、コードギアス、けいおん、まどマギ、等です
ハルヒとコードギアスはたたみ方さえ間違えなければ名作を超えて歴史にのこるアニメになったはずなのですが、たたみ方が良くなかったと思います。
この4作品の中ではけいおんはやや異色なのでちょっと外すとすると、まどマギのたたみ方はやや強引な点もありましたが一番良かった。
シュタゲはこの4作品を超える完成度の作品になったと思います。

どうでもいいけど今冷静になって考えるとハルヒってそんなに名作か?感がややある
コードギアスは間違いなく序盤は名作なんだけど2期に至ってはパチもの

追記
俺が思う名作の基準は、
そのアニメが終わってからでも、なお、「これは見た方がいい」と人におすすめできるような作品のこと。
ほとんどのアニメは使い捨て同然で、それが放送しているクールが終わったらみんな忘れちゃう
それでも、一部の作品は、「これは見た方がいい」という評価を受けることが出来る

posted by ロボたいしょう at 20:13 | Comment(1) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ジャンプのバトルマンガについて思うこと雑記

ワンピ人気すぎるけど俺バトルマンガとしてはそんなに面白いとは思ってないのよね

gdgd語る

続きを読む
posted by ロボたいしょう at 06:48 | Comment(2) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

いつの間にか来てたあああああああああああ

ローゼンメイデン5巻来てたあああああああああああああああ




普段ヤンジャンチェックしてなかったので気づきませんでした。明日買いに行きます
posted by ロボたいしょう at 03:18 | Comment(6) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

タマ姉たまんねええええええええええ


たまんねええええええええええええええええええ


続きを読む
posted by ロボたいしょう at 03:04 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

エヴァンゲリオン見たりとかいろいろ

今更感がありながらも一応抑えておこうかなくらいの気持ちでエヴァ劇場版みにいった。特に大きなネタバレは無しなので安心していただいて結構

感想産業

ちょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

えええええええええええええええええええええええええ

すげすげう゛ぉおおおおおおおおおおおおおおははははああああああ



これは見るべきwwwwwwwwwww

映像効果ぱねーっすwwwwwwwwwwww

シンジが エウレカセブンとかグレンラガンみたいになってる

ビックリ。



最近のビーマニは結構調子が上がってきたかな。
かつての全盛期(去年六月とか一昨年の秋ごろ)の腕前は超えた感じ。
あとはこの調子で上達していければ・・・

穴冥正規でBP200ちょいくらいで、後50削れれば・・・って所。加速対策をもっと練ろう。
それと穴冥乱で赤ランプ点灯。緑着いてからがかなり長かった。

しかし皆伝は冥まで行けない程度の実力なんでもっと練習するべきwwwwwwwww

嘆きと麺はべちゃべちゃに押してギリギリ抜けてるだけだから下手に練習すると癖ついて二度と抜けられなくなりそうなのがちょっとなぁ。

穴AA乱難がいつまで経っても安定しないせいでストレスがマッハ

最近はCSDJTで☆5までの曲の鳥コン埋めとかしてる。
みるみるって程でもないけどスコアかなり上がってきたかな。結構効果あると思う。


話題は全く変わるけど明日の都議選とかも一応選挙権があるんで投票してくるぽ

特に自民支持でも民主支持でもないけど、某学会のハム日月党だけはアンチしてるし、

ここはアンチユニットの共産に入れるおwwwwwwwwwww

とりあえずブログ見たみんなも選挙には絶対に行こう!

選挙に行かないのはハム日月党に一票入れたのと同じってこと。
別に俺は共産主義者でもなんでもないけど、共産は政権さえ取らなければ野党としては十分な力があると思ってるのでwwwwwwwww

しかし民青、てめーはダメだ

共産党はもう実質的に共産革命がしたい訳じゃないんだろうし、

日本労働党とかに名前変えればすぐ議席倍増だと思うんだけど、どうだろう

posted by ロボたいしょう at 23:46 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

けいおん!見たよー\(^o^)/

流行に遅れ遅れ、やっとこさ、けいおん!全話見ました\(^o^)/

バンドメンバー的には

澪 > あずにゃん > むぎ > 唯 > 律

かなぁ。

というか 憂が最強にかわいい。


お姉ちゃんの為に献身的に尽くす憂ちゃんに世話されたい


ういいいいいいいいいいいいいいいい

俺だああああああああああああああああああああ

結婚してくれええええええええええええええええ


俺の周辺で、唯と憂のどっちが好き?っていうアンケートをとると

大体、

自分がダメな奴→ 憂に世話されたい

自分がしっかりしてる奴→ 唯みたいのがかわいい

という結論に。


確かに合ってる


アニメとしてはまぁまぁ面白いし、萌えアニメとしても面白かった、良作のアニメだと思いました。


オススメ。

とりあえずういちゃんと結婚することにしました\(^o^)/


posted by ロボたいしょう at 23:53 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

とある魔術の 2話&3話

とある魔術の
2話 B インデックスの中二病っぷりが逆にいい

とある魔術の
3話 B− 全体的にちょっとすべってないか

なんか、ラノベにありがちな、登場人物の心理描写がぶっとんでる気がする。
ええ?そこでそうなるの?みたいな感じ。

イギリスと魔法使いのワードだけ聞くとなぜかレンタルマギカを思い出してしまう・・・
posted by ロボたいしょう at 09:45 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

まず とある魔術 と 喰霊

1話ずつみてみた
1話目では基本的に切るとか決めないので評価は甘め

とある B−

厨くさい部分といちいち主人公のラノベ喋りがむかつく
ただ超能力とかそういうラノベ設定は好きなのでまぁB−
インデックスはべつにかわいくない

喰霊 B−
最初のだるい妖怪退治パートなげー これはCだな とか思ってたら

いきなりばったばった死んだー!!

ってなって気になるので評価アップ。

どっちも4話くらいまでは見るかなぁ

暇だしアニメ見ながらレビュー付けることにします。
新作アニメもチェックしよう・・・
posted by ロボたいしょう at 00:17 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

とらドラ!とか見た感想

オリ合宿とかで潰れたみなさん。潰した上クラのみなさん。
久しぶりの更新になりますね。

ブログがリアルバレしたりしてますが僕は元気です。

とりあえずオリ合宿でとらドラ!が面白いって

上クラ下クラ両方から言われた

のでとりあえず見はじめてみたけど

8話まで見たけど何かサムイ・・・

大河があんま好みじゃないってのもあるけど

みのりのハイテンション天然もなんかお寒いし

上滑りな感じが全体に否めなくて
あんま好きじゃねえ

そろそろくじけそうだけど一応学園祭まで見てみようかしら。
posted by ロボたいしょう at 22:32 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ロボットアニメに見る人殺しの心理

ガンダムやコードギアスといったロボットアニメのテーマとして、よく戦争があげられる。(ヱヴァンゲリオンは該当しない(ヱと表記しないとエヴァヲタが噛み付くのは本当にウザイ))

戦場の中で自分の置かれている状況と戦う少年というテーマは初代ガンダムから連綿と続いているテーマだ。
皆悪の組織を叩き、戦争を終わらせる為に戦争をしているという矛盾と葛藤を抱えている。
コードギアスの場合は少し状況は異なっていて、葛藤は抱いていないが、悪の組織ブリタニアとその皇帝であり父である皇帝を倒す為、
ブリタニアに戦争をしかける。
その中で、もちろんロボット同士で戦闘しているとはいえ、相手は生身の人間であるから主人公や敵軍のパイロットであっても躊躇することがある。
初代ガンダムでは第二話で宇宙空間でシャア相手にビームライフルをがむしゃらに撃つシーンと、
ザクに恐怖心を抱いたアムロが
「相手がザクなら人間じゃないんだ、僕だって! 」
というシーンがある。
上は人間相手にビームライフルを撃つことに躊躇していると思われる。
下は、相手はザクであり、人間ではないと合理化しているプロセスが働いていると思われるのだ。

こうした躊躇と合理化は実際の戦争でも当然行われることだろう。
実際に戦場で敵に対して発砲するのはごく僅かで、他は仲間の救護に当たっているというデータがある。
戦場では思い通りには発砲できないというのが実際のようであり、
それは塹壕内で一対一の戦いとなったときにより顕著に表れるという。
銃には先の方に剣が取り付けられていて、お互いが向き合っている状態ではその剣先で相手を突くという訓練がされているはずだが、
実際に一番多いのは、その銃口を自らで掴んで、銃の肩に当てる木製の部分で相手を殴りつけるという戦い方なのだそうだ。
これは戦場において明らかに不合理である。
無意識のうちに、相手を突き殺すという行為への恐怖心と躊躇が働いている為だと思われる。多分この殺し方は後味が最悪だ。

ガンダムSEEDでは、主人公が、相手の機体の足や手だけを撃ち抜いて、パイロットは殺さないという不殺を掲げていた。
例えアニメでも、一応正義を名乗る主人公が敵軍兵士をばっさばっさと殺しまくるのはまずいのは当然である。

こうしたロボットアニメで、さんざん敵のロボットを撃墜している主人公だが、民間人の虐殺だけは決して許さないという態度を取る。
軍人なら良くて民間人だとダメなのかよ・・・とか思わざるを得ないがまぁ良しとしよう。
例えばギアスでは「撃って良いのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」というセリフが良く登場した。
そして多くのロボットアニメでは、敵組織の極悪非道な、民間人を巻き込んだ虐殺作戦が予定され、それにライバルのキャラクターは反対し、嫌悪感を示す。
こうすることでライバルキャラの人道性が示され、また敵組織の非道っぷりが際だつという寸法だ。

ライバルは全力で主人公と戦うが、しかしどこかで人間味を持っていて、人道的な部分で許せない作戦には参加しないというのはキャラの魅力を引き立てるのには良いエピソードになる。

しかし、俺が思うのは、そういうエピソードで相手の非道っぷりを際だたせて主人公陣営を正当化するのは演出としてありだとは思うが、
お互いロボットに乗っているから別に人は殺してないよ的主人公の多い昨今のロボットアニメはどうかと思うよ
っていうのが結論。

主人公の成長を描くためには、ロボットに乗る相手と戦闘することへの躊躇は絶対に必要な要素だと思うのですがどうなんでしょうね。
特に、巻き込まれ型の主人公の場合(アムロやカミーユなど)はそれがもっと顕著でも良いのでは?と。
そういう葛藤を乗り越えたけど民間人虐殺だけは許せないよというのが自然なのであって、
相手の兵士は普通に殺してるけど、民間人虐殺って許せないよというのでは、訓練された軍人ならともかく、ちょっと主人公の描写にはふさわしくないのでは?と思う。
エヴァは相手が人間ではなかったけど、そういう葛藤が良く描かれていた。俺はエヴァの12話までは非常に高く評価している。

主人公の成長を描く作品ではない場合(00は刹那は最初から訓練されたガンダムのパイロットである)
は主人公は軍人だから葛藤が無くても良いと思う。

ただ、問題は、キャラクターが不殺とか言い出すとそれおかしくね?これ戦争じゃないの?とか思うわけよ。
エウレカセブンは52話もやったくせに両陣営とも全くといっていいほどキャラクターが死ななかった。その緊迫感のなさはやばい。
ファーストはうまいペースでキャラが死んでいったと思う。両陣営とも死んでたし。Zはまとめて死にすぎ。
とにかく、人の命をやりとりしているという緊迫感を上手く描いて欲しいと切に願う俺なのでした。

結論

ロボットアニメの一般兵はザコみたいに殺されてかわいそうです(´・ω・`)
posted by ロボたいしょう at 03:43 | Comment(3) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

ストライクウィッチーズおもしろいよ

あんまりアニメを見ていなかったので、アニメを消化しておいたぜ。

その名も

ストライクウィッチーズ



上のDVD画像及び

http://s-witch.cute.or.jp/

公式サイトを見てもらえばわかるが、

なぜか全員ズボンをはいてない

主人公に至っては、スク水にセーラー服を上だけであとは裸足という意味不明な痴女スタイルであるwwwwwww

え?なんでパンツ見えてるの?馬鹿なの?
という質問があまりにも多かったのだろうか、アニメ版のキャッチフレーズは

パンツじゃないから恥ずかしくないもんっ!

えwwwwwwwwwパンツじゃないのこれwwwwwwwwwww

このキャプ画を見て欲しい
http://www37.atwiki.jp/strike_witches?cmd=upload&act=open&pageid=33&file=3%E8%A9%B1%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%93.jpg

やはり、どう見てもパンツである。しかしこれはパンツではない。まさしく矛盾である。

テンプレQ&Aでも

Q. 何でズボンとか履いてないの?
└A. ストライカーユニットをすぐ装着出来るようにです。あと分厚い衣服は魔力の通電の邪魔になるのです。
Q. 何でパンツ(ry
└A.パンツじゃないから恥ずかしくないもん!
Q. 何でスク水(ry
└A. 海軍出身だからです。深く考えてはいけません。
Q. 何で獣耳や尻尾が(ry
└A. 魔女たちがそれぞれ持つ使い魔の影響です。深く考えてはいけません。
Q. あと……
└A. 魔女の魔力を信じろ。

つまりパンツじゃない!!!!ロリコン万歳!!!!

パンツじゃないからパンチラとかいう概念すら存在しないわけだ。見えていない。つまりセーフティである。
あれはパンツのように見えるズボンなわけだ。例え二次元世界の戦士であっても14歳のパンツがモロ見えなのは少し抵抗があるかもしれない。
しかし、14歳のズボンであれば何の問題もない。健全である。
さらに、脚部にストライカーユニットを装備すると、ズボンとユニットの間にいわゆる絶対領域が生まれることになる。
太もも万歳である。これがまたエロスを加速するのだ。

だがここで一つ問題がある。
もし、このパンツ的な何かを丸出しにして戦う魔女たちがババアになってしまったらどうなるのか
ということだ。
40過ぎのババアのパンツ的な何かを見せられてしまうのでは無いだろうか?
確かにこれはズボンであるから40過ぎのババアのズボンを見てもなんら倫理的な問題は無いはずだが、心理的な問題が懸念される。
これでは軍の士気も下がってしまうのではないか。
確かにズボンだけどさあ!
このアニメはそういった問題すら見事に解決している。
どういうことかというと、
20歳になるとウィッチは魔力を失ってしまい、ストライクウィッチーズではいられなくなる
という設定があるのだ!!!
これによって某リリカルなのはのようにババアになる心配はない(あれはまだ19歳だけど)

つまり、このアニメは21世紀のロリ規制時代のソリューションとなるアニメだったんだよ!!!


「東京大学で僕と握手」は全力でストライクウィッチーズを応援します!!!

posted by ロボたいしょう at 22:52 | Comment(1) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

A.P.ローゼンは聖少女なのか?最終鬼畜電波ソング


諸君、私は電波ソングが大好きだ!
続きを読む
posted by ロボたいしょう at 00:00 | Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする